とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 13日

マクサンス・ラリュー&工藤重典 奇跡のデュオリサイタル

とにゃままが遅く帰ったある日。。。

ぱた〜ぱた〜。(怒・怒・しっぽ上)
e0112077_0585718.jpg









ぱた〜ぱた〜。(怒・怒・しっぽ下)
e0112077_0591083.jpg









挙げ句。
e0112077_0592437.jpg

「ロ〜〜ンブロゾ〜」
(脅・脅)








はは〜〜、とにゃりん様〜〜、お許しを〜〜。
この日はいい気分で帰ってきて12時近くになったのでした^^;;。

「ローンブロゾー」とはイタリアの精神科医で犯罪人類学の創始者。
というのは表向き^^。
昔の勧善懲悪番組で悪者が発する言葉で、とにゃまま的には小さい時からとにかくコワいイメージ。
なんだっけ〜、と出自を辿ったら、すごい古かった。
ああ。しかも、実写。

それはさておき。

なぜ月曜からちょいといっぱいいい気分で遅くに帰ってきたかというと。。。

「マクサンス・ラリュー&工藤重典 奇跡のデュオリサイタル」
へ行ってきました。
ドルチェ楽器主催。パウエル・ヤマハ共催
当日券売り切れ。
マクサンス・ラリュー氏は75歳の大御所です。


(この花はオダマキでしょうか??)
e0112077_10251.jpg

以下、当日のコンサートとは関係のないGWのお散歩シャシンとともにお届けします。









(この模様は、、、?)
e0112077_145571.jpg

■PROGRAM
C.P.E.バッハ:トリオソナタ ホ長調
ジャン=マリー・ルクレール:ソナタ 第3番 ト短調(ラリュー氏・ソロ)
J.S.バッハ:トリオソナタ ト短調 BWV1029
〜休憩〜
ドップラー:「夢遊病の女」のパラフレーズ
       〜アデリアパッティ婦人の思い出のために作品42
ブリチアルディ:マクベスのテーマによる幻想曲 作品47(工藤氏ソロ)
クーラウ:トリオコンチェルタンテ

■日時:2009/5/11(月)19:00
■会場:四谷区民ホール
■フルート:マクサンス・ラリュー
 フルート:工藤重典
 チェンバロ・ピアノ:成田有花
(以上、ゼラニウムさんのブログからちゃっかり転用させて頂きました^^;)
 譜めくりは、パ◯エル安達嬢。
ちなみにラリュー氏の楽器はパ◯エル社製、工藤氏の楽器はヤ◯ハ社製だそうです。







(この立派な木のお肌です。)
e0112077_16890.jpg

前半はチェンバロと。
成田さん、チェンバロもお弾きになるとは知らず、びっくりしました。
2階席で聞いたせいか、ちょっと金属的な音に聞こえました。
チェンバロの音色とはどのへんで違いがでてくるものなのかしらん。
弦の素材とか共鳴体となる外形とのバランスとか、湿気とか?
トリオソナタは、個人的な好みとしては、せっかくチェンバロを入れたのなら、ファゴットかチェロも入れてほしかったです〜。
でも、伴奏が装飾音もあまり入れずぎりぎりぴったりにつける感じだったので、さらに通奏低音がもう1本というのは厳しかったかもしれませんが。

後半はピアノと。
前半も後半もやたらスピードのある演奏だったと感じた、のんびり屋な上にさらに病み上がりだったとにゃまま。
そんな訳でじっくり聞いた感もなくあっという間に終わってしまいました。
クーラウのトリオコンチェルタンテは大好きな曲ですが、これまた3楽章すごく早かった〜。
個人的にはフルートとファゴット又はチェロとの組み合わせの方が好きです。
2ndパートも楽しい曲ですが、音域的にフルートだと華やかさに欠けてしまいます。
楽譜はあるので。いつかファゴットさんかチェロさんとやりたいです。

アンコールは
ベーム/メンデルスゾーンの歌曲のなんたら
グルック/精霊の踊り(ラリュー氏・ソロ)
マルティヌー/スケルツォ(工藤氏ソロ)
モーツァルト/「魔笛」より「夜の女王のアリア」







(雨で潤ったつつじ)
e0112077_165399.jpg

帰りは、ゼラニウムさんと一杯^^。
ゼラニウムさんは1杯でしたが、ワタシはいっぱい飲みました。へへへ。
第九を聞きにいらして頂いて以来、立ち話程度はしていましたが、
こうやって飲んだのは初めて。
でも不思議ですよね、ブログでお知り合いになった方って。
フツーに違和感なくどんどんお話できちゃうんですよね〜。
楽しかったす。
辛めの韓国料理を頂いて、身体もホットほっと。
ワタシの方がいっぱい飲んだのにワリカンですみませんでした〜^^。
またご一緒してくださいにゃ^^。

by tnysatcmo | 2009-05-13 01:00 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://tnysatchmo.exblog.jp/tb/10230029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bergamia_fl at 2009-05-15 01:19
オォ~☆
楽しかったですニャ~☆
やっぱり、ワタクシの心配したとおり、とにゃりんチャマが
お待ちかねだったのですね。。。
体調は大丈夫・・・?
それにしても、とにゃままさんとワタクシ、、「実写」になったような気分^^;

トリオコンチェルタンテの3楽章、ピアノ伴奏が始まったらラリュー氏と工藤氏
顔を見合わせてましたね(^_^;)
この曲は27年前、当時の師匠のナカムラマ○ト氏と彼の桐朋の
後輩のヒラタユ○コ女史(←今はどうしているんだろ・・)のデュオを
聴いたのが最初で最後でした。。聴いていて非常に懐かしかった。。。
私ってホント古い人間だす。

そして、翌日のお稽古でこのクーラウの楽譜購入しました。
いつでも誰とでも合せられるように、練習しとこと思います~♪
けなげなオバハンですよぉ~。

あっ、プログラム、、ワタクシもド○チェのHPからのコピペなんですよん!

Commented by coocoo at 2009-05-15 10:59 x
ローンブロゾーって(爆)
番組もキャラクターも思い出せないのに、その「ローンブロゾー」って
言ってる悪者の声だけははっきり思い出しました!
なんでだろー。調べてみても見ていない番組のはずなのにー!

しっぽぱたぱたに明らかに怒った顔^^;
ナゾーの親玉はもしやとにゃりん?!
Commented by tnysatcmo at 2009-05-15 12:20
♪ゼラニウムさん
こんにちは〜。
とにゃりん様のピカットビームにやられてばったりのゼラニウムととにゃままの図(爆)。
クーラウ、気のせいかと思ったらやっぱり?
「ちょっと早めだよね」ってっ感じだったんでしょうか、やはり?
ワタシはジャンヌ・バックストレッサーという元ニューヨークフィルのトップの方とダンナさん?がflとfgで演奏したものがステキでこの曲が大好きになりました。
このCDは確か廃盤かな。
バックストレッサーさん、個人的に好きな音色の三傑に入ります^^。
クーラウは、じゃあ、ワタシが2ndさらっておきます^^。
Commented by tnysatcmo at 2009-05-15 12:24
♪coocooさん
こんにちは〜。
ローンブロゾー、反応して頂いてめちゃ嬉しいです^^/。
ワタシは見たはずけど健忘症のため忘れていたのですが、確か、実写(笑)。
ナゾーは思い出したけど、他の登場人物の名前はさっぱりわかりませんでした(汗)。
とにゃりんはいろんなところの親分やってますから、もちろん、きっとナゾーの親分も絶対やってると思います。
とにゃりんナゾー恐るべし!
Commented by mirliton at 2009-05-15 17:00
とにゃりん様、しっぽにお怒りが満ち満ちておりまする・・・Σ( ̄□ ̄;)
このしっぽバン!やられると、無条件に「すみません」と言っちゃうのは私だけでしょうか?(笑)
猫と実際に暮らすまで、こんなに猫のしっぽが感情豊かだなんてしりませんでした・・・。

ちゃんととにゃりん様に埋め合わせはしましたか〜?
早めに修復しておかないと教祖様は後々怖いですよ〜〜(笑)。
Commented by 三毛猫 at 2009-05-15 23:30 x
とにゃりんさまは「女性が夜、一人で歩くのは危ないでち!」と心配してくれているのかもしれませんよ。
とにゃままさんはラ・フォル・ジュルネ行かれたんですね~毎年カントー
在住の
友人家を根城にして行きたいと思っているのですが、チケット入手困難で…
それに今年は本番が5月末だし、連休中は必死で追い込み…してないので今あせって
いるという始末です。小節線またぎのブラームス、天国からの高音と、心の底からわきでる低音、道は遠いのに時間は減っていく~

Commented by tnysatcmo at 2009-05-17 16:13
♪mirlitonさん
こんにちは〜。
あっ、言います、言います、ワタシも(爆)。
しっぽぽちっのコももちろんかわいいですが、一緒に暮らすには会話と遊びが可能な長しっぽのコがいいです、個人的に^^。

とにゃりん様にはマッサージサービスを増強中です^^;;。
Commented by tnysatcmo at 2009-05-17 16:26
♪三毛猫さん
こんにちは〜。
そうですね、とにゃりん様は世帯主、というか母親替りですね。
とにゃりん様の言う事はちゃんと心に留めておかないと(笑)。

ラ・フォル・ジュルネ、そうなんですよね、チケットが。。。
ワタシもヤ○ーで無理矢理ゲットしました。
来年は、ショパンだそうなので管楽器は出番なさそう。おもしろそうな時うまい具合に狙っていこうかなあ、という感じです。
ワタシも関西猫まつりに行きたいと思いつつ。。。
そのうちお互い実現させませう。

あっ、そして、三毛猫さんたらコメント書いているうちに演奏会の方へ段々シフトしちゃってますね〜^^(爆)。
わかります、わかりますよ〜。
でも、きっと大丈夫。
そんなにアタマの中に理想がちゃんと描かれているのですもの!!
Commented by kanon at 2009-05-18 09:34 x
「ロ〜ンブロゾ〜」が分からなかったカノンです(笑)
思わず検索してしまいました(^-^)

ピアノとチェンバロ、両方お弾きになる方、うらやましいです〜。私はもともとピアノでしたが、今やピアノはちゃんと弾けません(><;) 
ちなみにグルックの精霊の踊り、一回目の教員採用試験のとき吹きましたな〜。もちろんフルートももう吹けません〜(><;)


Commented by tnysatcmo at 2009-05-18 12:39
♪kanonさん
こんにちは〜。
「ロ〜ンブロゾ〜」わからない人がフツーですよ。
ふふ、検索してくださってありがとう^^。
ダンナ様は知ってるかな〜〜^^。

ピアノとチェンバロ、力のかけ方とか違いそうだから、ひとつの演奏会で弾き分けるのって何か大変そうな気がしますが、どんなもんなんでしょう?
ええっ、教員採用試験ってピアノができればいいんじゃないんですか?
いずれにせよ、複数の楽器を吹いた事があるなんて貴重な体験ですね。
ワタシはフルートだけでやっとこせ、です><。


<< 辻のにゃんこ      5月10日、日曜日。 >>