タグ:お散歩 ( 468 ) タグの人気記事


2007年 04月 02日

4月1日の桜、つづき

世の中に 絶えて桜のなかりせば
   とにゃままの心ものどけからまし (字あまり、業原とにゃまま)

とにゃままは、手紙も時候のあいさつがやたら長いのよね。
しゃて、やっと出発ですにゃ。
e0112077_20571793.jpg


サギも水に映った桜を眺めてくつろいでいます。
e0112077_22561056.jpg


蛇行する水路。沿う桜並木。
e0112077_2304445.jpg


前回エントリ予告その1と同じ場所で。
お父さんとおこちゃまが幸せそう。
e0112077_2344252.jpg


水辺にさしかかる桜。
e0112077_23115535.jpg


前回エントリ予告その2と同じ場所で。
ひっきりなしに人が通る上、撮影スポットなので大変。
e0112077_23122562.jpg


ばやっと師匠の弟子たるもの、見逃せません。
e0112077_23145890.jpg

氷川女体神社。
大きい神社ですが、狛犬はいないんでした。
しかし、師匠の教えによると、ここにいるはず!
おさい銭を投入した後。
e0112077_23174836.jpg

メモリ節約につき(阿)のみ。
何か師匠の何かが乗り移ったかの様に神々しく撮れました。
(ただ、ボケただけか。。。)

撮影頑張ってるおと〜さん、特別出演。
e0112077_23222248.jpg

ほとりにユキヤナギもあってフォトジェニックですが、ちと遠すぎました。

また、ぐるっとカーブ。
菜の花。
e0112077_23251884.jpg


つづく。

by tnysatcmo | 2007-04-02 20:57 | | Trackback | Comments(3)
2007年 04月 01日

4月1日の桜

「ドイツには
“四月よ、四月よ、四月はいったい自分でどうしたら良いのか
 わからないでいるのだ”
という意味の童謡があるらしいにゃ。」
e0112077_16391734.jpg

とにゃままも、桜が咲くと、いてもたってもいられな〜い。
とにゃりん様に有り難いうんちくを頂いて、GO!

まずは、ドアを開けて
e0112077_16461890.jpg

それから、ご近所さんチェック。
e0112077_16464566.jpg


そして、東口方面から、GO!

東口を少し北へいくと
小さいお社があって、ゴージャスな桜が。
e0112077_1783062.jpg

でも、今年は選挙の立て看板が邪魔なのでコンパクトサイズの画像で。
(師匠、狛犬はいませんでした)

ぺこちゃんが楽しそうにシゴトしてました。
e0112077_17102798.jpg


ユキヤナギっぽいですが、八重でした。
e0112077_17112459.jpg


今日も桜の画像は、少ないのでしょうか。どきどき。

立派な門構えのおうち。
e0112077_17123537.jpg

にあった、しだれ桜。
おお。
e0112077_1713241.jpg


リサイクル工場の屋上で見守る。
シュワッチ?
e0112077_17134421.jpg


やはり、今回も桜は少ないのか。はらはら。

やっと、昨日の終点に到着!
えんえんと続く赤飯桜並木へ出発。
e0112077_17144359.jpg


つづく。

by tnysatcmo | 2007-04-01 16:39 | お散歩 | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 01日

3月最後の長距離お散歩その2

つづきです。

桜咲いて風雨多し、
ということで、急いでぐるっと。
その割に桜がなかなかでてこない。
これだってダイコンノハナ。
e0112077_112098.jpg


やっと芝川。
e0112077_162492.jpg

通船堀、一の関。
e0112077_1112837.jpg


これもダイコンノハナ。
e0112077_115298.jpg


三市にまたがる用水路の東縁(ひがしべり)に
さしかかる桜。
e0112077_1233973.jpg


ぐにゃぐにゃ曲がる用水路なので、ここはお隣の市。
総合公園の辛夷は、そろそろおしまいな感じでした。
e0112077_624153.jpg

球技ができるスペース、簡単な運動器具があるスペースなどがありますが、
全体に湿地帯で、芦原に木道を敷いてあるスペースもあります。
釣りをしている人が多いです。
e0112077_703199.jpg


少しいくとまた公園。
再び地元。
フラミンゴもいる公園のそばなので、用水路の柵には動物の模様。
e0112077_781699.jpg

枝に手が届きます。
e0112077_7134849.jpg


再び芝川に戻って、今度は有料道路を渡ります。
料金、20円、細かいのがないので明日また来た時に払いますから
許して。
「いいですよ」
e0112077_7172225.jpg

有料道路から見た用水路の西縁(にしべり)の様子。
赤飯並木がこちら側もえんえんと続きます。
明日は西縁を北側に行く予定です。
e0112077_730080.jpg


予告編。
e0112077_7332953.jpg

e0112077_7334489.jpg


by tnysatcmo | 2007-04-01 01:23 | お散歩 | Trackback | Comments(5)
2007年 03月 31日

本日の長距離お散歩その1

美しい「花」がある
「花」の美しさという様なものはない

と、かの小林秀雄氏がおっしゃっていたそうです。
ふむ。

午後1:00出発。まずはご近所さんから。
e0112077_20291764.jpg


藤衛門川。
暗渠の部分も多い、はっきり言ってドブ川。
が、昔はウナギがいたに違いありません。
e0112077_20403567.jpg


産業道路を超えて武蔵野線沿い。
こんなにあるとすごい匂いですから〜〜。
e0112077_2047355.jpg


武蔵野線をのぼってくだったところにある比較的新しい公園。
e0112077_20531479.jpg

この樹、何の樹?
かなり巨大です。
e0112077_2055489.jpg

桜もすこしあります。
e0112077_2105010.jpg

全景。
e0112077_2132596.jpg


かつてはご近所さんにあった老舗。
古い店舗は壊して、この武蔵野線沿いの駅前に移転。
e0112077_2193597.jpg


つづく。

by tnysatcmo | 2007-03-31 20:29 | お散歩 | Trackback | Comments(3)
2007年 03月 31日

3月31日朝の桜

玉蔵院の桜はそろそろおしまい。
葉も出てきました。
e0112077_9512389.jpg

沼のほとりにある桜。ここの桜は初めて眺めたかも。
e0112077_9522174.jpg


沼を抜けて高架の脇の遊歩道を南に。
e0112077_9524116.jpg

ひと駅分桜並木。
e0112077_1657228.jpg

e0112077_16571729.jpg

e0112077_16572950.jpg

この方のポスター、毎年楽しみ。
今年は、こう来たか!
e0112077_16574276.jpg

モスバーガーのバイトの子が日替わりで書くみたい。
e0112077_16575976.jpg

商業高校の裏手の沼。
e0112077_16581128.jpg

枝垂れ桜が盛り。
e0112077_16582715.jpg


by tnysatcmo | 2007-03-31 09:52 | | Trackback | Comments(3)
2007年 03月 26日

本日のスケート

正しくは昨日のスケート。

知ってるにゃ。
また先週に引き続き遅刻だったにゃ。
e0112077_22143470.jpg


そんな訳でこの日もコンパルソリーはできず。
先生は韓国が母国のT先生。
金嬢が3位だったのをザンネンに感じてらっしゃるかな?

基本のスケーティングをみっちり。
遅刻だったのであまり体を動かしてないところに色々な技満載だと
ついていけないので丁度よかったでした。

雨がすごかったのですが、ふと思い立ち、

またまた

by tnysatcmo | 2007-03-26 22:14 | スケート | Comments(2)
2007年 03月 22日

アフターコンサート

いつもは公園口からすぐ電車に乗ってしまいますが、
上野の森美術館方面をぐるっと回ってみました。
そこに西郷くんがいました。

今日の大道芸人さんは自転車で世界を巡るパーカッショニスト!
e0112077_2142550.jpg

自転車を提供してもらって世界各地あちこち。
今日も国立から来たそうです。
色々な音階の木琴と、カリンバ。(←わしも所有!)
タンバリンとミュートした小さいシンバルを足許に。
両足には鈴と木片を輪にしたものをつけて。(足を動かすたびに鳴ります)
面白かったですが、随分とおしゃべりで。
おしゃべりすぎはあまり好かんので、CDは買いませんでした。

「松竹御入場口」と読めましたが。
e0112077_3394156.jpg

美しいフォルムの黒猫さん。
e0112077_3402761.jpg

?街灯の残骸?この下は階段。
e0112077_3413784.jpg

嬉しそう。いいシゴトしてます。
e0112077_3421670.jpg


by tnysatcmo | 2007-03-22 01:50 | お散歩 | Comments(4)
2007年 03月 21日

大バッハの誕生日

今日は偉大なる大バッハさんの誕生日です。
おめでとうございます。

特別出演でごわす。
e0112077_2173270.jpg

バッハじゃないでごわす。西郷くんです。
e0112077_2191194.jpg

お土産品。おいしいよ。
e0112077_21333081.jpg

すごい人出の上野公園に、またまたやってきました。
老若男女が集う、Cafe Green。
ただ座ってるのもOKの様です。お気楽スペース。
e0112077_1474459.jpg

考える人。
の拡大サイズ版。何で?
e0112077_21334182.jpg


という訳で、
またまた上野の東京文化会館。
高橋悠治さんの「Happy Birthday J.S. Bach!」
バッハづくし。
e0112077_233020.jpg

「音楽の捧げもの」のたぶん3声の方は、
昔FMの何かの番組のテーマ音楽だったと思います。
しかも、現代曲かなんかの番組。
昔はこの曲を聞くと、行き場のない「ウルトラQ」的不安を覚えたものです。
それはさておき。
高橋悠治さんのバロックの演奏は、
文字通りバロック=いびつ、な感じの演奏。
もつれる様で元に戻る。
バッハって今生きていたら絶対ジャズの曲をいっぱい書いたと思うのですが
それを再現する様な演奏。
慣れない人は聞きながらよろよろしちゃうかも。

プログラムノートより。
“ブゾーニにとっての音楽は、無数の形をとって現れる不可視の本質であり、
作曲と編曲や改作(transcription)の境界はあいまいで、作品は創造のプロセスの一瞬を
固定したものにすぎない。”
すごく共感しました。意味は違う、勘違いのところの共感かもしれませんが。
「編曲」という作業は面白いと思います。
原曲に対する編曲者の想いなどが反映されて、少し違った作品になる。
ヴァリエーションももとのテーマから展開していく、という点では似ています。
だからヴァリエーションが好きなのかな。

ブゾーニについては、バッハの編曲をするヒト、ぐらいにしか思ってませんでしたが
ちょっと興味を持ちました。
調べてみよう。

アンコールは
ブゾーニの「インディアン日記」の1番「とうもろこしの花」と3番「つぐみの歌」
ポケットに手をつっこみそうな感じで退場するのが面白かったです。
高橋アキさんもいらしていた様でした。

by tnysatcmo | 2007-03-21 21:07 | コンサート・ライブ | Comments(6)