<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 27日

冬に咲いた大輪の華

ワールドチャンプ・トニャって呼んで!
e0112077_15202945.jpg

ニャリンピック女子フィギャ〜〜ンで金メダイを摂ったとにゃりんでち!

、、、そりゃよござんした^^;;。


早速発売されたオリンピック特集雑誌、、、ではなく、
これは、雑誌『Number』の2月18日号の記事。
昨年のGPで優勝したヨナ嬢にインタビューの際
「何てお呼びすればいいですか?」と問いかけたら、
そう呼ばれると気分がいいから、と冗談めかしてこの様に答えたそうな^^。
最早名実ともにワールドチャンプ!




いやはや。
いや、まあ、金と銀のメダルの行方はおおよそ予想はついていたものの、
何ともワクワクどきどきのオリンピック女子フィギュアでした。
e0112077_1535698.jpg

朝日新聞2/26記事より
こんな感じで19歳同士の対決の図式がお膳立てされていましたが、
少しでもスケートをかじっている身としては、とにかくみなさんの演技の内容に興味しんしん。
今回は少しジャンプの種類も勉強して、少し見分けもつく様になりました。
自分では半回転のスリージャンプぐらいしかやったことがないのでわからないのです。
むふ、でもスリージャンプって、アクセルジャンプの原型なんですよ(自慢!?)







おおっ、高さのあるジャンプに挑戦してくるかーっ!?
e0112077_23463680.jpg

真央ちゃん、フリーの後のインタビューの際、大泣きでしたが、
あれは、ヨナ嬢に負けたからとかよりも完璧な演技ができなかった事に対するくやしさからでしょうねー。
でもトリプルアクセルを全て決めたのはお見事でしたよー。
みんなメチャクチャ感動しました^^。












ああっ、右後ろ脚ステッピングアウト〜!
が、踏ん張りましたね〜!

e0112077_23481251.jpg

ヨナ嬢は、4年前からカナダを本拠地に準備してきました。
これは結構重要な選択だったかもしれませんねー。
韓国だけでなくカナダも味方につけた形。
直接的に何か有利になる事はないかもしれませんが、カナダの人々も応援してくれている、という感覚は精神的な安定をもたらしたと思います。
コーチもカナダ人。
コーチはかつてメダル狙ったものの惜しくも逃した方という事でしたから、
ヨナ嬢に対する思い入れも尋常ではなかったでしょう。
という訳で、ヨナ嬢はオリンピックまっしぐらオリンピック一色の4年間を過した様です。
高得点がとれる方法を練りに練って。
どのぐらい影響があるかわかりませんが、選曲も北米に人気のものにしたそうです。
ジャンプも超大技を狙うよりも基礎点が高いものをセレクトしていたし、
金メダリストの衣装は青、と聞けばそのジンクスさえ取り入れるなどなど。

カナダに居を移したばかりの当時のヨナ嬢。
e0112077_23493782.jpg

朝日新聞2/26記事より
↑のシャシンと比べると何とも「とっぽい」^^。
周囲の後押しに加えて自らも変わっていったのでしょうねー。
個人的には、ショートの時のアイメイクが猫っぽいところににゃ〜!と反応^^;。










何事もなかったの様にポージング。
e0112077_23504830.jpg

真央ちゃんは金メダルもほしかったでしょうけれど、女子では難しいと言われているトリプルアクセルも決めたい。
フィギュア・スケーターとして、困難と言われている技を極めたい、という欲もあったのだと思います。
そこらへんがオリンピック一直線のヨナ嬢との違いだったかもしれません。
トリプルアクセルはものすごく大変な技ですが、基礎点は意外に低いんですよねー。
後は意外にもフリーの後半、素人目にも真央ちゃんちょっとだけバテぎみ?だったのがわかりました。
いずれ真央ちゃんは、正統派で勝負しすぎたのかもなー。
曲もどちらも重た〜〜いロシアものでしたし。
そういう意味では、今後指導者を変えてみるという選択もありかと。
あ、でも次の五輪はロシアか〜〜^^;。
でも真央ちゃんが軽快な曲で楽しげに滑る試合ってのも観てみたいですねー^^。









「小さいライオンちゃん」と呼びかけるとこちらへ来てくれました♪
e0112077_23535632.jpg

日本人の他の選手。
安藤美姫ちゃんからは、「スケートをやっていてよかった」というコトバが聞けてよかったです^^。
鈴木明子ちゃんは、力一杯精一杯大舞台で滑れてよかったねー、とねぎらってあげたいです。
あとはちょっとオリンピックでの中野友加里ちゃんがみてみたかったかなー、やっぱし。
ええと、長洲未来ちゃんをしばらく「チョーシューミキ?プロレスラー?」と思っていたのはワタシです^^;;。








最後はカメラ目線でフィニッシュ!
e0112077_027571.jpg

いずれにしても、何か全体的に点数サービスしすぎの気がしましたが、
芸術的な要素もあるフィギュアを競技として採点するのは大変なんだろうなー。
シビアに技だけ判定するのであれば衣装は皆同じで同じプログラムをすればいいのですものね。
ともあれ、演るのも観るのも本当に楽しいスケート!!
明日のエキシビションも楽しみです♪

by tnysatcmo | 2010-02-27 15:23 | スケート | Trackback | Comments(6)
2010年 02月 24日

春をさがしに

くふ〜〜。
e0112077_22414073.jpg

とにゃりんでち!
今週は暖かいでちね!
ちょっと暖かくなるととにゃりんもお外にいる時間が長くなります。







ご・ろ〜〜〜ん
e0112077_012891.jpg










ども。
e0112077_0132891.jpg











ジジちゃんです!
e0112077_0194811.jpg

ご近所のごきげん猫さんです。
とにゃままが通りかかると必ず
「にゃあああ〜〜〜ん、にゃあああ〜〜ん」と声をかけてくれます。







いいお天気ですから、ぽりぽり。
e0112077_021462.jpg

まあ、ジジちゃん、さわやか色のステキな首輪!









春をさがしに。くんくん。
e0112077_0235435.jpg










みなさんもいかがかしら。
e0112077_0244658.jpg











「もうおばーちゃんで。。。」と飼い主さんがおっしゃっていたのはもう5〜6年前。
全然おばーちゃんに見えないいつも愛らしいジジちゃん。
e0112077_025790.jpg

車に気をつけて、また遊ぼうね!

by tnysatcmo | 2010-02-24 22:41 | にゃんこ | Trackback | Comments(4)
2010年 02月 22日

にゃんにゃんにゃんにゃんにゃん

今日は平成22年2月22日。
にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんーーーの日でち!
e0112077_2055646.jpg

にゃんにゃんにゃん円のカツオはいかがでちか?







くろこは965だから、、、。
うーーん、うーーん、うーーん。
e0112077_23252291.jpg

9月と6月5月、それと9日と6日と5日はくろこの日にしまし!



皆さんいろいろ思惑がある様ですねー^^。





寒さが続く中、なんだかバタバタしている中でもにゃんこさんに出会う事が多いです。
落ち着いたらそんなにゃんこさんたちの事も綴りたいと思うのですが、ままならず。
でもせっかくのにゃん×5の日ですから、
日曜早朝スケートの道すがら出会うにゃんこさんをアップ。










ちょうどご飯の時間で、いつもはバラバラのコたちがいっせいにご飯^^。
e0112077_045050.jpg










「にゃんにゃの、おばさん」という顔をしていたミケさん。
e0112077_054111.jpg





全国の猫さん、にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんの日、いかがお過ごしだったのでしょうか^^。

by tnysatcmo | 2010-02-22 20:55 | Trackback | Comments(8)
2010年 02月 21日

ツキイチおえかき部 第10回部活 「福と鬼」

とにゃまま、なんだかホントにずっと忙しかったらちいでちよ。
e0112077_32178.jpg

とにゃりんでち!
いや、なんだか要領が悪いだけの様な気もするし、
寒くて動けないだけの気もするし。。。
とにゃりん、フォローありがとう!







ツキイチおえかき部
今回のテーマは、「福と鬼」。
鬼といえば、
『泣いた赤鬼』
いつ思い返しても青鬼さんの優しさ、赤鬼さんのせつなさなどに涙してしまいます。
だから、鬼といっても悪いイメージがわかないんですよねー。



邪心のツノをお多福さんのお面で隠そうとしているとにゃまま。
赤鬼お面くろこちゃん、青鬼お面とにゃりんが
「いいんだよー、とにゃままは邪心だらけのヤツだけど、しょうがないよ、フォローするから、ちょっとずつでも地道に歩むんだー」
と励ましてくれました。
e0112077_3124766.jpg

涙なみだのとにゃまま。
名付けて『泣いたとにゃまま』でしたーー^^。

by tnysatcmo | 2010-02-21 03:21 | ツキイチおえかき部! | Trackback | Comments(6)
2010年 02月 18日

アンサンブル of トウキョウ

第一投目を放って行方を見守るとにゃりんでち!
e0112077_0474746.jpg

とにゃりん選手、集中していますねー、これはいいコースですよー。
チームとにゃままのとにゃりん選手、強豪中国を打倒できるかー!!?







ええと、オリンピックごっこに余念がないとにゃりんはさておき。
とにゃままはたまった備忘録を地道に放ちます^^;。



滅多に行かないところへ行ってきました。

人力車。
e0112077_44166.jpg

そうです、明治時代へトリップ!







。。。







。。。







。。。
な訳はなく。







雷門!
e0112077_44473.jpg

そうです、浅草へ行ってきましたー。


















アンサンブル of トウキョウの演奏会へ行ってきました。

日 時:2010年2月8日(月)
開 演:午後6時30分
会 場:台東区立浅草公会堂


チビとにゃままは迷わず2階席へ向かったのですが、
パウエルの吉田さんに偶然遭遇。
お互い「さすが!」
(あまりメジャーでないコンサートへ神田先生目当てに来た事に対して^^;)




2曲プロでした。
どちらも語り(歌)付き!!
もちろん師匠が出演という事で行ったのですが、
『魔笛』は大好きな曲!
そして、『兵士の物語』は興味はあれども聞く機会がなかったので
楽しみにでかけました。
e0112077_413361.jpg

ミュージカルや劇だと、やはりどうしてもせっかくの音楽に集中できませんが、
語りというのは、その点良いです!
もちろんミュージカルや劇も大好き。
その上でこの形式は、新鮮なセレクト!




●アイネ・クライネ「魔笛」(W.A.モーツァルト作曲)
 パパゲーナと語り今尾 滋
 フルート    神田 寛明
 オーボエ    青山 聖樹、中山 亜津沙
 クラリネット  山本 正治、濱崎 由紀
 ファゴット   水谷 上総(病気のため、森田 格氏が出演)、長 哲也
 ホルン     日高 剛、田島 小春
 グロッケンシュピール      安田 正昭

並びは下手から
fl、ob、fg、cl、後列にhrとグロッケンシュピール。
J.ハイデンライヒの編曲版をベースに、アンサンブル of トウキョウなりの味付け版。
『夜の女王のアリア』は耳慣れたflとobのデュエット版だったり。
昔はオペラも気軽に聞きに行けなかったので、こういう編成はアリだったりしました。
語りと歌の今尾氏、パンフルートで笛を吹く真似をしたり、ミニミニ鉄琴を手に鈴を鳴らす真似をしたりとパフォーマンスも楽しい。
もっと歌も聞きたかったなー。


●「兵士の物語」(I.ストラヴィンスキー作曲)
 語り      西村 恵一
 ヴァイオリン  小林 美恵
 クラリネット  山本 正治
 ファゴット   水谷 上総(病気のため、森田 格氏が出演)
 トランペット  神代 修
 トロンボーン  吉川 武典
 パーカッション 藤本 隆文

歩いた歩いた、、、、兵士が歩いた。。。
休暇をもらって故郷へ向かう兵士がひょんな事から悪魔に翻弄される物語。
ヴァイオリンが象徴的な役割を果たします。


語りの西村恵一氏は、京阪電車のCM「おけいはん」の父親役で出演しているらしいです。
出で立ちは、ええと新●満氏風。
多少のパフォーマンスもありますが、基本は語り。
「このヴァイオリンは、、、ストラディバリcopy in 浜松! ある意味貴重な^^:」なんていうギャグもあり。
なんといっても興味深かったのは、胸を突く教訓的な言葉の数々。
お隣に座っていた方も「なんか、胸にくるものがあるよね」なんて言ってらした。
すなわち。
『なんでもあることはなんにもないこととおなじ』
「今の幸福に昔の幸福を加えようとしてはいけない』
『幸福はひとつで充分』
『全てを手に入れる権利はない』
などなど。







浅草公会堂の玄関には、有名人の手形が。
サユリスト垂涎^^;。

e0112077_4141428.jpg

うーーん、どちらのプログラムもとても良かった。
組み合わせとしてもバッチリでした。
やるじゃん!金先生!
今回は企画・演出・『兵士の物語』の指揮を担当。
今年芸大を退官される様ですが、まだまだこうして音楽の楽しさを広めていってほしいです!







笠智衆。
e0112077_4151923.jpg

初めて鑑賞した『兵士の物語』にも心奪われましたが、
こうして時間が経った後振り返ってみると、
あくまでも音楽メインで、それを補う様に語り&歌もバランス良く楽しめたのは『魔笛』の方だったかも。
『兵士の物語』は随分好評の様で、去年も取り上げていた様でした。
もう一度落ち着いて鑑賞してみたいです。







淀川長治さん。小さいお手手。
e0112077_416661.jpg

それにつけても。
去年の年末も楽しんだ「ピーターと狼」「動物の謝肉祭」もそうでしたが、
この「語り&音楽」というのは、ワタシにとって楽しめる新しいジャンルかも!
もっと色々な場でとりあげてほしい!
っていうか我々もグリーグの「ペール・ギュント」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」でもトライしましたが、もっとうまい具合にどんどんやってみたいですねー。







浅草公会堂、正面脇。
e0112077_4171516.jpg









ライトアップされた五重塔。
e0112077_4174888.jpg









仲見世のシャッターもしゃれています。
e0112077_4182323.jpg






浅草の街も楽しかったし、音楽も素晴らしかった。
とにゃままランキングベスト3!に入るコンサートでした!

by tnysatcmo | 2010-02-18 00:51 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2010年 02月 13日

2月10日 ちかしオーケストラFINAL

いよいよオリンピックも始まりまちたね!
e0112077_11251028.jpg

髪の毛をピンでまとめてTVに集中のとにゃりんでち!
リモコンもがしっとホールド、渡さないでちよ!








女子スキージャンプに出場のくろこでし!
洗濯機ジャンプ台から中継でし!
e0112077_12262736.jpg

「えっ、くろこ選手、スキージャンプ女子はまだオリンピック競技じゃないのでは?」
「今スタート前だから話しかけないでほしいでし!」








いち早くバレンタインのチョコをもらったくましゃんっ!
e0112077_12271724.jpg

とにゃまま家唯一の男子ですものね^^。
これは思いがけずゼラニウムさんから頂いたもの。









明日は建国記念の日という2月10日の水曜日、
「ちかしオーケストラFINAL」へ行ってきました。
東京芸術劇場(池袋)にて、20:00開演。

ええと余ったチケットをゼラニウムさんに押し付けて^^;;ご一緒しました。
e0112077_12561744.jpg

プログラム:
ベルリオーズ/幻想交響曲Op.14
指揮:広上淳一
オーケストラ:ちかしオーケストラ

ちかしオーケストラとは、元NHK交響楽団コンマスでだった田中千香士氏が立ち上げたオーケストラ。
今回で3回目です。
昨年2回目の演奏会を2週間あまり後に控えて急逝。
今回は指揮に広上氏を迎えて、最後の演奏会。
追悼演奏会をもってして終了、ということなのでしょう。

座席は、下手のオケかぶりつきの席。
高弦・ハープなどゴージャスお姉様方が見えなかったのがザンネンでしたが、
木管はばっちり見えたので良しとしましょう^^;;;。









メンバーは凄腕揃い!
大曲の割にはfg以外木管は2管です。(fgはなんと4管)
が、各パートアシスタントをつけていました。
千香士氏を慕うプレーヤーがわれもわれもと万難を排して集まった結果ですね^^。
コンマスは豊嶋さん
flは斉藤さん
obは古部さん
clは山本さん
fgは岩佐さんかな、河村さんかな??
などなどがそれぞれトップ。
チェロの藤森さんはご夫婦で、ハープは親子で出演。
e0112077_14193595.jpg

寄せ集めのオケは、プロといえどもなかなか難しいものですが、いやいや名演でした。
各パートのやりとり、受け継ぎなど、
「おおっ!こうなってこんなつくりになっていたのか〜」とあらためて感じ入りました。
微に入り細に入りよくできている曲が名プレーヤーたちによって感動的に再現されておりました。
2楽章のコール・アングレ、『ど』ソロですが、完璧で美しい演奏。
バンダのオーボエとの会話もステキ。
でも聞いている方は緊張します。
ゼラニウムさんもワタシも固まって聞いていました^^;。
3楽章のTpは1番以外はお休みですが、対旋律の優雅で軽やかでかっこいいこと!これ、吹きたいよー。
4楽章はアマオケ並みの熱〜〜い演奏。
5楽章は、やっぱり鐘とかティンパニとか鳴りもの系がやりたいですね。
あっ、Esクラもいいかな^^。
むむー、やっぱり生で聞くといろいろ発見・感動しますね−!!


来年うちのオケの50回年記念のトリフォニーホールでの公演でとりあげる候補曲にはなっていますが、おカネがないから無理そう><。。。


アンコールは、
ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
グリーグ」「ホルベアの時代」より「アリア」
アリアは千香士氏がボウイングをつけた楽譜を使ったということです。
奏者も万感の想いで演奏したことでしょうね。


さて終演後、翌日次女さんが試験だというゼラちゃんとちょっと一杯。
いや、話がはずんで3杯飲んでしまったとにゃままでした^^;。
すみません、次女さん><。
へへへ、でも、とっても楽しかったです。
今年も楽しい2月10日が過ごせてよかったです。
ありがと〜、ゼラちゃん♪

by tnysatcmo | 2010-02-13 22:26 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(6)
2010年 02月 13日

めでたい!

寒いでちからホットカーペットから離れられないとにゃりんでち!
e0112077_22185618.jpg

なんて格好でしょう^^;。








神様を祀っている小さな祠に?
e0112077_22231722.jpg










見かけない白い猫さんが。
e0112077_2221273.jpg

なんかあいさつしてくれてるみたいに見えます^^。







おおおっ、この、このお顔は!!!
e0112077_22213923.jpg









ブラックジャックがここにも!?
e0112077_222284.jpg



赤いブラックジャック?嬢=ひなさんをはじめ、
てっちゃん、
はなびん、
をカメラ片手に優しくみつめるかのお方
そんなまなざしも知性も何もかも遠く及ばないとにゃままですが、
唯一の共通点は、誕生日が同じことですの!
ひっそり。
お誕生日おめでとう!

by tnysatcmo | 2010-02-13 22:22 | 非日常 | Trackback | Comments(2)
2010年 02月 11日

フランス大使館まわり

なんかあたちに似てるでち!
e0112077_4215131.jpg

神戸屋キッチンの「とらちゃん」。







さて、せっかくなのでフランス大使館のあたりをお散歩してみました。
e0112077_19511281.jpg









天然寄せ植え。
e0112077_19523494.jpg

bienvenue !
と、手を拡げている様に見えます。
さすがフランス大使館!?








ぴかぴかのエンブレム。
e0112077_19554793.jpg










新しいフランス大使館。
e0112077_19562756.jpg










隙間からのぞき見ることしかできませんが、ぐっと近代的になった様子。
e0112077_19575951.jpg










あんとれ〜〜♪
e0112077_19584783.jpg










帰る道の途中にあった水汲みポンプ。
e0112077_19594988.jpg









広尾の駅前にこんなに巨大な公団があるんですねー。
築何年でしょう。
e0112077_2195537.jpg









中華料理屋さんかなんかの前にいらした方たち。
e0112077_21101413.jpg

e0112077_21103222.jpg





安くて種類豊富なワインショップもあったし、また来てみたいですねー。

by tnysatcmo | 2010-02-11 19:47 | お散歩 | Trackback | Comments(2)
2010年 02月 10日

創造と破壊@フランス大使館 - 最初で最後の一般公開(その2)

昨日はあったかかったでちけど、今日からまた寒いみたいでちよ。
e0112077_328131.jpg

昨日は21度だったとか!
ずっと屋内でシゴトしてたのであまり実感できずザンネン><。









さて、フランス大使館、続きです。
本館の方。
初めは作品を撮っていましたが、、、。




(1)
e0112077_3401520.jpg











(2)
e0112077_3413036.jpg

この傘立てナイス!
これは展示物ではないと思われます。








(3)
e0112077_3422773.jpg

エール・フランスのスタッフが作ったという刺繍の数々!









(4)
e0112077_342593.jpg

喫茶スペースが設置されていた場所の照明の一部。









(5)
e0112077_3444791.jpg










(6)
e0112077_3461571.jpg

何故かコドモに人気!








(7)
e0112077_3471329.jpg

一方。
血を吐く人の映像が繰り返し流れていた不人気のスペース。
『etat civil』戸籍の書類を扱うお部屋だったんでしょうか。










(8)
e0112077_3501186.jpg

ええとこれは何を置いていた棚?







ええとだんだん作品以外のものが被写体となってきました><。
(9)
e0112077_3555084.jpg

Il y a ヒーター。









(10)
e0112077_35716.jpg

Il y a コンセント。










(11)
e0112077_4065.jpg

Il y a 鍵穴?『王』って見える^^。










(12)
e0112077_412776.jpg

ここはもはや展示だったのやら事務スペースだったのやら判別不可。










(13)
e0112077_43339.jpg

唯一なごめた墨絵の展示。










(14)
e0112077_452120.jpg

フランス語で『フランス大使館』









(15)
e0112077_463830.jpg

もともとエントランスに描かれていたちょっとコクトーっぽい壁画。
どなたの作品なんでしょう。









(16)
e0112077_472591.jpg

はい、おつかれさまでした。
おもしろかったでした。




番外編に続く。

by tnysatcmo | 2010-02-10 12:33 | 非日常 | Trackback | Comments(2)
2010年 02月 07日

創造と破壊@フランス大使館 - 最初で最後の一般公開

今週はあったかくなるらちいでちよ。
e0112077_14245573.jpg

とにゃりんでち!








e0112077_3215876.jpg

、、、へ、行ってきました。
1月31日、日曜日。
創造と破壊@フランス大使館 - 最初で最後の一般公開







エントランス付近。
e0112077_32528100.jpg

フランス大使館旧庁舎においてNo Man’s Landが開催されています。
(2月18日まで)
国際的に有名な、あるいは頭角を現し始めた、フランスおよび日本の多くのアーティストが参加。
とんがった作品群。








さて、この中で唯一作品でないのはどれでしょう。
(1)
e0112077_324120.jpg

こんなちっちゃい部屋がたくさんたくさんあったのでした。








(2)
e0112077_324261.jpg

何かのドーブツの抜け殻みたい。









(3)
e0112077_3262822.jpg











(4)
e0112077_327471.jpg

階段で案内してくれるキャラクター。









(5)
e0112077_328656.jpg










(6)
e0112077_3283519.jpg










(7)
e0112077_329170.jpg










(8)
e0112077_3294085.jpg

中が真空になっていて、ふわふわの羽毛が上下していました。
これ、お気に入り。ほしいな。













つづく。





答えは一目瞭然、(7)でしたー^^。

by tnysatcmo | 2010-02-07 14:25 | 非日常 | Trackback | Comments(0)