<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

似て非なるお方(茶トラ編)

明るいにゃん生。
e0112077_0524355.jpg

とにゃりんでち!
とにゃままが久しぶりにとにゃりんに似て非なる茶とらさんに出会ったそうでちよ!









あ、アナタはもしや。
e0112077_1692432.jpg










おしりぷり〜としっぽがたまりませんねー。
e0112077_16102559.jpg











ええとあの、あの伝説の。
e0112077_16112731.jpg










ちょっと、聞いてます?
e0112077_16115995.jpg











「アンタこそ、何が言いたいんにゃ?」
e0112077_16124376.jpg

いや、あまりたくさんシャシンを撮ったのでちょっと間が持たなくて^^;。









で、伝説の茶巨検の方
ですよね?
e0112077_16141939.jpg










いかにも。
e0112077_16144025.jpg











一年ぶりですねー。
e0112077_1615101.jpg
のび〜〜〜ン









相変わらず奔放でいらっしゃる^^;。
e0112077_16155888.jpg










「ところで何か聞きたい事があるにゃとか?」
e0112077_16164099.jpg

そうなんですよ。
実はこのたび初めて大阪へ行くのですが、道頓堀に落ちたりしないか心配で心配で。
カナヅチなもので、、、^^;;。










ふむ。
e0112077_16174312.jpg










それは運によるにゃ。
e0112077_1618576.jpg

はは〜〜、いかにも〜〜おっしゃる通りで〜〜。


京都奈良は高校の修学旅行で、
にゃごやと神戸も旅行したことがあるのですが、
にゃんと大阪は初めてです!
ちなみに小学校の修学旅行は青函連絡船(死語!?)で函館。
中学校は、日光と東京です!
どうだ、参ったか〜〜(って誰に言ってるんでしょう^^;)

by tnysatcmo | 2009-10-31 01:03 | にゃんこ | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 29日

サー・ジェームズ・ゴールウェイ フルート・リサイタル 《70歳記念コンサート》

とにゃまま、うっかりフラッシュ。
e0112077_539666.jpg

フラッシュ嫌いのとにゃりんでち!









70歳を迎えたフルート界の大御所ジェームズ・ゴールウェイのリサイタルへ行ってきました。
チケットは大変高額ですが、朝◯新聞のマリオンにて無料招待は逃したものの半額優待割引券をゲット。
10月13日 火曜日 サントリーホール大ホールにて。
e0112077_5432388.jpg

それにしてもフルート界の後期高齢者の方々はまだまだ活躍されています。
高貴高齢者ですね^^。
マリオンは残念ながら急死してしまいましたが、シュルツさんも頑張っているし、グラーフにラリュー、アドリアン、フランス・ブリュッヘンなどなど。
レーデルさんは笛こそ吹いていませんが、まだ指揮してらっしゃるのでしょうか。


さて、ゴールウェイさん。
ここのところ奥様連れでサントリーホールというのが定番らしいです。
共演
レディ・ジニー・ゴールウェイ(Fl)
フィリップ・モル(Pf)



ええと、全然関係ないですが、例によって当日のおシャシンがないので、
前日のお散歩時に撮った季節はずれのカマキリさんのおシャシンとともに。
e0112077_5425099.jpg

曲目
ゴーベール :ソナタ第3番
ドビュッシー :小舟にて
:シリンクス :月の光
マルティヌー :ソナタ
ハーティ :アイルランドにて
モルラッキ :スイスの羊飼い
バッジーニ :妖精の踊り(幻想的なスケルツォ) op.25
ブリッチャルディ :ヴェニスの謝肉祭 op.77
ドップラー :「夢遊病の女」の主題によるパラフレーズ op.42(2本のフルートとピアノのための)

アンコール
ゴーベール :ギリシャ風ディヴェルティメント
成田為三 :浜辺の歌
モーツァルト :トルコマーチ
アイルランド民謡 :ロンドンデリーの歌
リムスキー・コルサコフ :熊蜂の飛行







揃えた前脚がかわいい♪
e0112077_543168.jpg

しょっぱなからゴールウェイ節炸裂。
低音域バリバリ〜〜。
みんなこれに憧れて、真似してアンブシュア崩しちゃうんですよね^^;。
今回聞いて「あれ?」と思ったこと。
指揮者でも所謂「先振り」という手法がありますが、そんな感じ。
いや、指揮者は先にタクトを振ってもオケはオンザビートで出るからちょっと違うかな。
でも「あれれ」感が似ている。(←語彙が少ない><)
フツーは「さんはいっっ」と言い切った後に次のフレーズに移行しますが、
ゴールウェイさんの場合は、最後の「っ」のあたりで次のフレーズへ。
それでもその後ゆったりたっぷり吹くので、先走り感はないし慣れればいっそ小気味いいのですが、やはり「あれれ」。

奥様も大変お上手なのですが、彼がバリバリ吹いた後では霞んでしまいます。


個人的にはゴールウェイがどうきても絶対つけるモルさんのピアノがすごかったと思います。










個人的に彼の生を聞くのはこれが最後と決めてきたので、1時間並んでサインを頂きました。
(↑単なるミーハー)
e0112077_5435238.jpg


by tnysatcmo | 2009-10-29 05:39 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 28日

ヨーロッパ音楽紀行

ゴーシャスでラグジュアリー。
e0112077_194939.jpg









だからカンファタブル。
e0112077_1114155.jpg









サティスファクション!
e0112077_112063.jpg

くましゃん、サイコー!
とにゃりんでち!

とにゃりん、どこでそんなコトバを^^;。





lalaloulouさんご出演の「ヨーロッパ音楽紀行」コンサートへ行ってきました。
e0112077_292359.jpg

不思議な雰囲気のチラシ。
由来はこちらで。
こちらの記事で、楽しい「九州紀行」も楽しめます。
それにしてもメーテルを知らない世代、、、ってどのへんからなんだろう〜><。








プログラム。
e0112077_294330.jpg

楽しい曲満載でした^^。









夜のヘタレシャシンは撮らなかったので、恒例の「コンサートとは関係ないシャシン」シリーズとともにお送りします。







lalaloulouさんとこの末っ子ロンロンにちなんで黒猫さんシリーズ。まずはくろこちゃん。
e0112077_2131532.jpg

オープニングはオトテールの第3組曲。
6曲の舞曲から成る曲。

今回の演奏会は、各楽器の成り立ちや材質、はたまたCMで流れている曲など解説入りでとてもおもしろかったです!

バッハの「イタリア協奏曲」1楽章。
生ピアノではたまに聞きますが、生チェンバロではなかなか聞けないのでラッキー^^。
今度は是非全曲を〜。
1楽章はセ○ンイレブンのおでんのCMで流れているらしいですよ。
という訳で、チェンバロとは。。。
チェンバロは1400年代に登場。
ピアノはその300年後にやっと登場。
歴史があるんです、えっへん。
ところがおフランスの宮廷サロンで使われていたチェンバロは革命時に排斥の憂き目に。
その頃貴重な楽器も失われてしまったそうです。もったいない〜。
チェンバロがこうして復活したのはほんとに最近なんですよねー。






くろこちゃん、狙いを定めて寄り目っています^^。
e0112077_2132995.jpg

フルート界の大御所ゴールウェイもよくとりあげる「タンブーラン」を3人で。
リコーダーとは。。。
種類はたっくさんあって、おなじみは、私たちが小3から始める普通のリコーダー。
それより小さいソプラニーノやらでっかいものでは人の背丈以上のものも。
アムステルダム・ルッキで実物は見ましたがすごいです)
材質は、かつては象牙のものが主流だった様ですが、今では無理なハナシ^^;。








黙っていればいいオンナ。
e0112077_2135468.jpg

マレの「サント・コロンブ師へのトンボー」。
ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ。
拍子感が曖昧な不思議な感じの曲でした。
ガンバとは。。。
よくチェロの祖先とか原型とか言われますが、違います!!!と力説していた田中嬢。
ちゃんと共存していたそうです。
ピアノ同様チェロの方が大きい音が出るので、活躍の場が奪われがちになっていったそうです。
ガンバはなで肩でくびれがあって、背が平ら。
ってなんか女性の体型を思わず想像してしまいますね^^。
宮崎駿の「耳をすませば」でガンバを使っているそうです。どの曲かしら?


前半最後はテレマンのトリオ・ソナタをゴージャスに。







が、しかしてその実態は。
ふあ〜〜〜あ。

e0112077_215683.jpg

後半はケルトな音楽。
ロンドンデリーの歌(ダニー・ボーイ)を始め、トラディショナルな音楽、酒場で踊れる音楽などなど。
も〜楽しかったです。
リコーダーの庄司さんはティン・ホイッスルに持ち替えて、ほとんど暗譜で楽しく演奏♪
ティンとはブリキの事。
グリッサンドやトリルみたいに指を動かして音を震わせたりで自由自在♪
このティン・ホイッスルは、なんとあのかの有名な「タイタニック」の冒頭ので使われているのです。
知らなかった。シンセかと思ってた〜。ご、ごめんなさ〜〜い。












黒いおまんじゅう?
e0112077_2154036.jpg

会場、大コーフンの後、ガンバとチェンバロで少ししっとり、
マレの「異国趣味の組曲」より。

最後は全員でコレルリの「ラ・フォリア」。







最近時々見かけるコです。
e0112077_2155723.jpg

アンコールは、グリーンスリーブス。
ガンバは横抱きにして演奏していました〜。

いやあ、滅茶苦茶楽しかったです。










このコは、ジジちゃんのママにご飯をおねだりにやってきます。
e0112077_216224.jpg

庄司さんの師匠の安井さんもいらしてたみたいです。
今度師弟共演も聞いてみたいな♪

by tnysatcmo | 2009-10-28 01:09 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 27日

SEA うみのいろ うみのかたち

昨日の台風の風雨はすごかったでち。
e0112077_310513.jpg

とにゃりんでち!










とにゃままは先日の台風の時にウインドシア並みの横風を受けて自転車があっという間に転倒。
ずるずる流されて停車中の車の前輪にくいこんだそうでちよ!
e0112077_311521.jpg

ふだんから風が多少ある時は危険箇所。
ワタシが通りかかる前も歩行者の方がバランスを失い、まるで踊っているかの様に風にあおられていました。
それなのにえいやっと行ってしまったおバカとにゃままです^^;;。
まだ打撲の後があお〜〜い!











ブリヂストン美術館で開催されていた
「SEA うみのいろ うみのかたち」展へ行ってきました。
平日は夜8:00まで営業(入館は7:30まで)しているので便利。
e0112077_2542991.jpg

チラシの絵は、北京生まれのザオ・ウーキーのもの。
抽象的ですが、筆致と色づかいが大胆で、想像力をかきたてられます。







美術館より東京駅方面を臨む。
鐘の音を模したチャイムが時報替りに「sunrise sunset」を流します。
倍音が勝ってあまり愉快な音色ではないのでした><。
e0112077_255119.jpg








海をテーマに「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4部で構成。
e0112077_2561890.jpg

展示はさほど多くありません。
常設展も順路に含まれているのでみなさんずるずると全て観賞。
ワタシもざ〜〜っと見て、気になるところへ引き返して、などとやっていました。
1点だけですがレオナール・フジタの静物画が見られてよかったな。






観賞後は銀座までぶらぶらと。


和光のショウウィンドウ。ちょうど展示替え作業中。
ひひーん、わんわん、にゃ〜、こけこっこー。
e0112077_2581444.jpg












うさぎの母が子に諭す。
e0112077_259204.jpg










ミキモト。
e0112077_332753.jpg












NHKのブラタモリでも扱っていた歩道のナゾ。
e0112077_341470.jpg

この地下鉄の出入り口は古くからあるので、歩道を拡げた結果、こんな半端なスペースができたそうです。








和光のチョコ・アート。
e0112077_35347.jpg










和光裏手。
e0112077_353472.jpg










戦利品。
e0112077_361396.jpg

左回りに
ザオ・ウーキーのハガキ、パンフ、コクトーの切手風シール、エジプトの猫さんハガキ、ええと何とかさんの同様のシール。

by tnysatcmo | 2009-10-27 02:51 | 美術館・ギャラリー | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 23日

シェレンベルガー&シュース デュオ・リサイタル

くましゃんと一緒が嬉しい季節でち!
e0112077_204140.jpg

とにゃりんでち!












あれれ??
e0112077_225538.jpg









くましゃん、太った!?
e0112077_232229.jpg

「天高く『くま』肥ゆる秋」っていうからねー。」
「とにゃまま、それは『うま』でちよ!」
「こりゃまたしつれーしましたー。」

以上
「とにゃりんとにゃままの漫才で万歳」でした〜〜^^;;。










。。。
ええと、気を取り直して^^;。
9月のゴールデン・コンサート・マンスに引き続き、
10月もいきなりコンサートへ。
10月1日(木)
19:00開演
シェレンベルガー&シュース デュオ・リサイタルへ行ってきました。
企業のビルの最上階にあります。
e0112077_234948.jpg









下を覗くと、ひえ〜〜。
e0112077_235932.jpg









ハンスイェルク・シェレンベルガー(オーボエ)
マルギット=アナ・シュース(ハープ)
美男美女夫婦です♪
e0112077_244630.jpg



















プログラム。
e0112077_252287.jpg

テレマン:ソナタ 変ホ長調
シュポア:幻想曲 ハ短調 op.35 (ハープ・ソロ)
マレ:「スペインのフォリア」による変奏曲
ボクサ:夜想曲 第2番 ヘ長調 op.52-2
C.P.E.バッハ:ソナタ イ短調 Wq.132 (オーボエ・ソロ)
ハメル:3つの小品
パスクッリ:ベッリーニへのオマージュ

(アンコール)
イベール:間奏曲
シューマン:月の夜
シューマン:君は花のよう



現代曲は、ハメルだけだったのですが、
その他の曲も超スピードの超絶技巧で音色をゆったり楽しむ曲なし^^;。
アンコールのシューマン2曲でやっとほっとしました。
「こういうのが聞きたかったよな」とつぶやいていたご同輩がいました^^。
まあでも早いパッセージを固まりで聞かせる、という手法が勉強になりました。

隣の隣のおっさんの携帯が無伴奏の時に秘かにタイミングよく鳴っていたのが何とも。。。
終演後シェレンベルガーに親しげに話しかけていたのでお知り合い?
あやまれ〜〜、文句言いそうになったところをぐっと飲み込みました^^;。




今回の演奏会でもとりあげたマレのフォリアが入ったCDにサインしてもらいました。
フルート版は無伴奏、ひとりで演奏しますが、
今回は奥様と、
CDではさらにチェロも入れています。
いいですにゃ。ワタシもアンサンブルでやってみたいですよ。
e0112077_216660.jpg

シェレンベルガーがオーボエで参加しているCD、この他にも数枚。
大御所です。


この後、ブルグやホリガーも来日予定です。
チケット既に売り切れ^^;。

by tnysatcmo | 2009-10-23 02:00 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 19日

第7回ツキイチおえかき部 「読書」

秋は夜が長〜〜〜〜い。
ということは、昼間に寝る時間が短くなるでち!、という訳で。


のび〜〜ん。とにゃりんでち!
e0112077_449504.jpg
















のび〜〜ん。くろこでし!
e0112077_4501663.jpg












のび〜〜ん。とにゃままでち!
と参加したいところですが^^;。










ええと。
第7回ツキイチおえかき部 「読書」
なんとかすべりこみ〜〜(汗。











↑↑↑↑昼間に睡眠を摂ったにゃんずは、
秋の夜長、読書にしっかり勤しむ。
う〜〜ん??
一匹だけせっかくの秋の夜長を満喫していないヤツがいますね^^。
e0112077_2112405.jpg

ちなみに、
ワタシは『ネコになる!!!』
とにゃりんは『主になる!!!』
くろこちゃんは『イエネコになる!!!』
という本に取り組んでいますよ〜。

by tnysatcmo | 2009-10-19 21:13 | ツキイチおえかき部! | Trackback | Comments(12)
2009年 10月 17日

THE FLUTE QUARTET

くるくるくるりん。
e0112077_192050.jpg

手前のもじゃもじゃはもちろんくましゃん♪







くるりんちょ〜のとにゃりんでち!
e0112077_110913.jpg

ヒトもこんな風にくるりんちょ寝ができたら、合宿の時なんかおもしろいのに〜。
「お、なんとかちゃんは右巻きくるりんちょだね〜」とか^^。





9月は狂った様に演奏会へ行きました^^;。

9月28日は師匠主宰のThe Flute Quartetの演奏会へ。
e0112077_1103943.jpg







夜のシャシンはヘタレ率があまりにも高い上に、演奏会はほぼ同じところであるものなので、
現地のシャシンはよっぽどでない限り撮らない事にしました。



で、この記事は演奏会とは全く関係ない金木犀シャシンとともに。
台風が通過した8日。
その後の10日の土曜日のお散歩の時に撮影。



台風一過。
地元では金木犀が見頃、香り頃となりました。
例年は金木犀の盛りの頃に無情の雨、となります。
そして道ばたにオレンジ色のじゅうたんができあがるんですよね。
今年は雨の後に咲きました。
金木犀の樹は、棒一本に楕円という図形で描けそうなこんもり枝振りです。
そんな訳で、見上げると。
金木犀クライミングがしたくなります^^。

e0112077_1122023.jpg

THE FLUTE QUARTET
9月28日 月曜日
杉並公会堂 19時開演










こうしてみるとすっぱり柑橘系。
e0112077_1152358.jpg

プログラムは
ミケルス :ノットルティーノ
ゲンツマー:カルテット
アレルス :パガニーニの主題によるメタモルフォーゼン
斎藤和志 :ガーシュインの主題によるラプソディ
ラヴェル :クープランの墓(神田寛明編)







こちらも金木犀山。
よく見ると蝉の抜け殻が。
あの激しい台風にもめげず金木犀山にしがみついていたとはあっぱれ。
さぞや本体も立派な一生を過したことでしょう。
新聞の投書欄・連載漫画でも扱っていましたが、
10月になってからも蝉の声を聞いたとか。
この蝉さんもそうだったのかな。

e0112077_1171635.jpg

ミケルス :ノットルティーノ
(下手から斉藤・柴田・相澤・神田)
単一楽章の美しい曲でした。

ゲンツマー:カルテット
(下手から相澤・神田・斉藤・柴田)
7曲から成る曲。
曲目解説にも書いてありましたが、ヒンデミットのお弟子さんだったそうです。
「ははあ、なるほど、だからか」(神田先生解説より)
同感。
ヒンデミット色濃厚〜〜〜。
ピックアップして是非に演ってみたい曲。
やるどー。


後半戦は、オケでとりあげる曲、またはオケの編曲もの。
このテのものはメンバーみなさんオケプレーヤーなので、おてのもの^^。



アレルス :パガニーニの主題によるメタモルフォーゼン
(下手から神田・相澤・柴田・斉藤)
『パガニーニの〜〜』とつくものは全て難曲、これも然り。
でもみなさん難なくこなしてらっしゃいました〜。
prolog、epilogの他にバリエーションが9つもあって聞きごたえ十分でした。

ここまで珍しく特殊楽器なしでした。












唐辛子のお花はこんなに可憐。
全然辛そうじゃないのでした^^。

e0112077_1173755.jpg

斎藤和志 :ガーシュインの主題によるラプソディ
(下手から神田・柴田・斉藤コントラバスfl・相澤バスfl)
いわゆるガーシュインの青いヤツってことで
「ラプソディ・イン・ブルー」。
コントラバスflってものすごくデカクて、入退場が笑えます。
物干竿を斜め前に抱えて「どうも〜」っていう感じなのです。




ラヴェル :クープランの墓(神田寛明編)
(下手から柴田・斉藤fl&picc・相澤バスfl・神田アルトfl)
フツーのオケ版でもなかなかない6曲バージョン。
すなわち、フーガとトッカータを入れたバージョン。
N響でもこのパターンの録音あり、という事で後日早速買いましたとも!
うちでもし万が一演ることになったら、是非6曲バージョンがいいな〜。


アンコールは。
アンコールは。



斉藤氏が楽譜をどっかやってしまったので、皆で探しまわるの巻。

ドビュッシーの「子どもの領分」


それに
2曲目の
アンコールは。
アンコールは。



今度は神田先生が楽譜を^^;。。。
冗談みたいな茶番でしたが、ヤラセじゃなかったみたいでした^^;。

ドビュッシーの「ゴリゴークのケークウォーク」
(下手から斉藤・柴田・相澤バスfl・神田アルトfl)




よく道ばたで見かけるこのお花、なんでしたっけ?
e0112077_1175314.jpg

フルートのみのアンサンブル、実は苦手なのですが、
こうして毎回聞きにきてしっかり満足して
しかも自分でもなんだかんだと演っているとにゃままであった^^;。


與口さん、金先生などおみかけしました〜。


楽しかった^^。




はひー、やっと9月の演奏会の備忘録終了。
これでやっと今月の備忘録が、、、と言っているうちに11月はすぐそこーーーー><。

by tnysatcmo | 2009-10-17 01:09 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 15日

室内楽シリーズ「ハマのJACK」 VOL.6 [ARCUS]

シブいプロフィール。とにゃりんでち!
e0112077_3552331.jpg

ふふふ、ミリキ的でしょう?

そうねー、とても女子とは思えないおとこらすぃー感じよー^^。





ええとシルバーウィークの記事です(汗。
9/21にあった猫ブログオフ会の前の時間帯に、横浜は日本大通りまで足を伸ばして。
ARCUSのアンサンブル演奏会へ行ってきました。
N響のメンバーを中心に活動しているアンサンブルです。
うちのオケの木管のトレーナーのファゴット奏者もメンバーです。



遠目にも目につく開港記念館。ここが会場です。
e0112077_3575924.jpg










室内楽シリーズ「ハマのJACK」 VOL.6
[ARCUS]

2009年9月21日(月・祝)
横浜市開港記念会館
開場/13:30 開演/14:00
e0112077_35947.jpg









入り口付近もオシャレ。
e0112077_3594658.jpg









照明もオシャレ。
e0112077_411682.jpg








ドアの取手も美しい。
e0112077_454933.jpg









物語の始まりっていう感じがします^^。
e0112077_461214.jpg










プログラム。
e0112077_473531.jpg

曲目
タファネル「木管五重奏曲」
ベートーベン「弦楽五重奏曲 ハ短調 Op.29」
ブラームス「セレナーデ第1番 Op.11」(10重奏版)

ちなみに木五のメンバーは
Flute.甲斐さん(N響)
Oboe.岡さん
Clarinet.松本さん(N響)
Horn.勝俣さん(N響)
Fagotto.笹崎さん

ブラームスの木管は
Obが最上さん(東響)に交替という布陣。









2階の踊り場。
e0112077_42117.jpg

木五の司会は甲斐さんが。
初めておしゃべりするのを聞きました。
すこうし早口ですが、テキパキ聞きやすいトークでした。
オーボエ、クラあたりは多少入れ替えがあるメンバーですが、
やはり演り慣れている仲間、という感じで、爽快。









たくさん部屋があって廊下の区切りごとにも装飾が。
e0112077_43650.jpg

ベートーヴェンの弦五は、、、。
うーーん。
トップにもっと求心力があった方が魅力的な演奏になったのでは。







これもモノクロバージョンいってみました。
e0112077_442423.jpg

ブラームスのセレナーデ第一番(十重奏版)。
家で管弦楽版を予習して聞いたのですが、ブラームス好きのワタシでも何となく「かったるいな〜」という印象。
が、ARCUS十重奏版バージョンとてもよかったです。
6曲最後まで緊張感が途切れる事なく、名演だったと思います。
トップの松田さん、よかったですー。











別な箇所の2階踊り場にはステンドグラスが。
e0112077_45133.jpg

トレーナーファゴット氏、名実ともに中堅プレーヤーになったんだなーとしみじみ。
従来からプレイは堅実でしたが、このたび存在感もばっちりなプレーヤーになっているのがはっきりわかりました。
今後にもさらに期待です!

by tnysatcmo | 2009-10-15 03:55 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 12日

シルバーウィーク2日目、20日の備忘録。

また連休だったので、たくさん寝たとにゃりんでち!
e0112077_12446100.jpg

連休じゃなくてもたくさん寝てるでしょー!
ワタシはまたぼ〜〜〜っとしていたら過ぎ去ってしまいました。。。








あたちのかわいい寝顔をほんの一部だけアップしまち!
e0112077_20303345.jpg

実は晩夏に撮った写真を10枚程ポスカにしたので友人へ、と思っているのですが、
未だ果たせず。きっと発送は冬^^;。








先日の3連休でなく、シルバーウィークのお話。
もう1ヶ月ほど前になるんですねー。はー。
気を取り直して。
シルバーウィーク2日目の備忘録。
9/20。
オケもお休みなのでスケート帰りにのんびりと。
新宿へ。
e0112077_20413484.jpg

こんなコがショウウィンドウにいました。









巨大な方も。
e0112077_032377.jpg










西口でお祭りをやっていました。
e0112077_041541.jpg

キリッと法被姿。
いいですね、日本の伝統は美しい。





西口の楽器屋さんへちらっと行った後、東口へまわって。
鶴太郎さんの個展をやっていたのでふらっと見にいきました。
e0112077_5392772.jpg

小さなサイズから大きなサイズの絵、焼き物に、そして着物に彩色さまざまでした。
かっこいいなかにも何かかわいらしいところがあるのが彼の特徴だな〜と思いました。






ポストカードフェチなので、ついついオトナ買い。
e0112077_5424339.jpg

サイフにあまりお金をもたない主義な上にマメにもおろさない性格。
この時も然り。
あわてて予備に手帳にはさんでいる1000円札も投入して支払い^^。









そしてそして。
プールショップ、再び。
撮影許可を頂いて数枚シャシンを。
e0112077_042067.jpg









この日やっとこせさいころりんさん特製ハガキをめでたく全種類ゲットすることができたのでした^^。
e0112077_045926.jpg










e0112077_0481599.jpg










たまたま真正面から撮ったらそのまま映画の世界^^。
e0112077_5372821.jpg

水平じゃないのはご容赦。







この様に配置してあったのでした。
e0112077_5381388.jpg









プールショップ帰りはついつい立ち寄ってしまうパン屋さん。

食パン。
e0112077_5434427.jpg

そのまま頂いてももちろんなにかを挟んでも美味。
絶妙の甘みと塩味。
今まで食した中で確実に3本指に入る素晴らしさ!







こちらも大変おいしゅうございました。
e0112077_544460.jpg











イチロー。
駅貼りのポスター。
e0112077_539351.jpg

200本安打達成の翌日にはこのポスターが。
達成は確実だったから刷ったポスター待機させてあって即貼り出ししたんでしょうね。








『プール』
映画も見たいなー。


シルバーウィークネタ、もうちょっと続くかも。

by tnysatcmo | 2009-10-12 20:28 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(6)
2009年 10月 07日

“出遅れ版”彼岸花散歩その2

なめんなよ!
e0112077_061946.jpg

なめ猫風に決めてみたとにゃりんでち!
けど、寝っ転がってるとにゃままの腹の上で決めポーズしても決まらないでち。







それでもしつこくポーズを決めようとするとにゃりん。
ついでだからマッサージもお願いします。
e0112077_063546.jpg

ちなみに後ろにはくましゃんが。








彼岸花散歩のつづきです。




用水路沿いに赤い彼岸花が続きます。
e0112077_8362356.jpg

春には桜、はああ〜、見沼良いとこ〜〜♪






見沼自然公園に到着。

ふっふっふっ。
彼岸花と鉄塔!
e0112077_8371534.jpg

これです、とにかくこれが撮りたかったんでした。
青空ならなおよかったですが、多くは望むまい。
これで晴れていたらきっととにゃままのお肌がまっくろになっていたことでしょうし^^;。








人工池に放されているコイ、、、だと思われます。
鴨さんたちを押しのけてパンくずに殺到!!迫力!!
e0112077_8381063.jpg









睡蓮も、本当に美しい。
e0112077_83826100.jpg










柳に白い睡蓮。
e0112077_8385695.jpg









この鴨様は水面にすっくと立つ術を身につけている方です^^;;。
e0112077_8391255.jpg

なーんて^^。
浅瀬なのかな?







ピンクの睡蓮。ぴかぴか。
e0112077_23541930.jpg









夏の間はコドモに人気の水場。
e0112077_23555257.jpg










この日は絵描きさんたちの例会だったのか、あちらこちらにイーゼルが。
ちらっとのぞいたのですが、皆さんお上手です!
e0112077_23572412.jpg










公園は用水路より低地にあります。
彼岸花を見上げてみる。
e0112077_2359171.jpg









ふとお隣の桜の樹に注目すると。
e0112077_23595497.jpg

この蔦を辿ると天まで昇れます^^。








田んぼ沿いにも彼岸花。
そして、ペットボトル風車。
e0112077_002934.jpg










カラス除けか、リボンもひらひら。
e0112077_011647.jpg

♪七色の谷を越えて〜流れて行く〜風のリ〜ボ〜ン〜♪








さて再び氷川女体神社。
コスモス。
e0112077_021864.jpg

撮ったところでバッテリー切れ。
予備持っとけよ〜。
いや、いいんです。
ここらへんでこんなことでもないと夕方までほっつき歩くヤツですから。
楽しかった〜。
また寒くなる前に来たいな。

by tnysatcmo | 2009-10-07 08:36 | お散歩 | Trackback | Comments(6)