<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

ネコジャラシ

わおぉおお〜〜んにゃ!
e0112077_1938333.jpg



ねこじゃらしフィーバー(←死語?)
とにゃりんでち!
e0112077_1941957.jpg



ねこじゃらしの季節なので、とにゃままと遊んであげまちた!
軽くジャブ!
e0112077_1942126.jpg



ジャブの後にはちょっと身だしなみでちね。
e0112077_1943025.jpg


今年は今のところネコジャラシに対して落ち着き気味の反応です。
オトナになったのかしら〜〜^^。

by tnysatcmo | 2008-06-30 19:44 | とにゃりん | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 29日

ある日の裏門通り

日曜、また雨でちね。
e0112077_11331469.jpg

とにゃりんでち!


ある日の裏門通り。



かたつむり?
e0112077_11364773.jpg




e0112077_11374368.jpg



お、ちびちびのネコちゃんです。
e0112077_11385528.jpg

まだ香箱もうまく組めないみたいです。


。。。
e0112077_11394146.jpg

一方こちらは裏門通りの主とも言える、るみちゃん。
香箱の組み方は完璧です!


ほんとにチビチビだわ〜〜。
e0112077_1141510.jpg



チビチビじゃないもん。
これから大きくなるもん!
e0112077_11544628.jpg

がんばれ!チビチビ!

by tnysatcmo | 2008-06-29 11:41 | にゃんこ | Trackback | Comments(4)
2008年 06月 26日

黒猫くろちゃん

最近黒猫くろちゃんと仲よくしているとにゃりんでち!
e0112077_4535354.jpg



くろちゃん、いないかな。
e0112077_455284.jpg



あ、くろちゃん。
e0112077_4561355.jpg



いましたねえ、くろちゃん。
e0112077_4565268.jpg



昨日も「おうちにはいりましょ」ととにゃりんを促すと、
とことこと下をのぞきにいった視線の先にはくろちゃんが。

くろちゃんで〜〜す。

by tnysatcmo | 2008-06-26 05:07 | にゃんこ | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 24日

第34回サロンコンサート

梅雨の晴れ間、皆ちゃん楽しんでまちか?
e0112077_20372712.jpg

とにゃりんでち!
この前の日曜のコンサートもこのぐらい晴れていればよかったでちね。

サロンコンサートが開催されました♪

by tnysatcmo | 2008-06-24 20:38 | うちのオケのこと | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 24日

ファゴットのさなちゃんのジョイントコンサート

。。。
e0112077_115481.jpg



右見て。
e0112077_119233.jpg



左見て。
e0112077_1201825.jpg



テリトリーチェックに余念がないとにゃりんでち!
e0112077_1205615.jpg

足、チョー踏んばってまち!


雨が降りそうで降らなかった6月21日の土曜日。
うちのオケの出身、当団の星★☆
ファゴットのさなちゃんのジョイントコンサートに行ってきました。
e0112077_1315161.jpg



ジョイントのお相手、オーボエの上原夢美さんも埼玉出身。
おふたりとも共演者もたくさん引き連れて^^、個性的で内容の濃いプログラムでした。
e0112077_1401677.jpg

上原さん、前半はヒナステラとピアソラ。
どちらもアルゼンチンの作曲家。
ピアソラはヒナステラの弟子だそうです。
オブリヴィヨン(忘却)はピアノとのデュオ。
映画「エンリコ四世」のテーマ曲。

パガニーニの曲は、何とオリジナル、な上にこの編成で3曲も書いているそうです。
ドゥヴィエンヌは、ファゴットと弦のアンサンブルの曲。
芸大軍団面目躍如のはつらつとした演奏でした。


後半。
1曲目。
ファゴットでC.P.Eバッハのフルートの無伴奏を3度あげて演奏。
すごく素敵な大好きな曲で、とにゃままも師匠にレッスンで見てもらった曲です。
いい曲なのですが、なんせ無伴奏ということでベースも伴奏もメロディもでひとり3役ぐらいな曲。
しかも早いパッセージの跳躍満載。
でもファゴットは性質上ベース担当が多い楽器。
そして、さなちゃん、跳躍、すごくきれいでうまいんですよ〜。
彼女にぴったりの曲だったと思います。
とにゃまま、その夜楽譜をひっぱりだしてみたものの、全然できなくなっていてがっくし。
またトライしなおそうっと。

シューマンはオーボエの定番名曲ですね〜〜。
いつ聞いてもいいです。

ダマーズは、常日頃とにゃままが取り組んでいるエチュード曲の作曲者。
どんどん転調する感じとかたまらんです。
ホルンの方がうまかったです。
ピアノの方ももしかしたらダマーズ好きそう。。。

トリはさなちゃんの大編成アンサンブル。
vn2、va、vc、cbを従えて、フランセ。
フランセはその名の通り、フランスの作曲家。
これまたとにゃままが大好きな作曲家。
おしゃれでかっこよかったです^^。


会場のシャシンなどは撮れなかったので、帰り道の鉄道シャシンはいかがでしょう〜〜^^;;。
e0112077_45674.jpg



↑プログラムもこの金網を利用して撮影〜。
e0112077_4583939.jpg



京浜東北線ですよ〜。
e0112077_50758.jpg



渋い洋食屋さん。
e0112077_505923.jpg



お天気も崩れなくてよかったです。
とはいえリード楽器にとっては梅雨時の過酷な状況の中でお疲れさまでした^^。

にゃんと、さなちゃんは来月7月20日(日)開催の第35回サロンコンサートに特別出演してくれます。
楽しみ〜〜。
どんどんパフパフ〜〜。


 

by tnysatcmo | 2008-06-24 01:20 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 21日

裏門通りネコ(5月17日)

ミス・ニャンコンに向けて、カメラ目線、モデル立ちのとにゃりんでち!
e0112077_1120222.jpg



にゃ〜〜んてな!
e0112077_11201461.jpg

色気より食い気なのはとにゃままと同じでち!
あ、とにゃままはいろけよりおさけか(爆)。

。。。あら。
とにゃままはシャシン撮られるの全くダメです。
とにゃりん様のお姿、見倣いたいって褒めようと思ったのに〜〜。
き〜〜っ。


5月17日に歯医者からのぶらぶら道すがら。

このお花、大好きです。
e0112077_11211553.jpg

この時期にこうやってゴージャスに咲きます。
今も少しずつあちらこちらで。
で、何ていうお花でしょう?


まだ咲いてる途中だから、アップはダメ〜〜っと言っていたタンポポ。
e0112077_1151936.jpg



のび〜〜ん
e0112077_1152090.jpg



びよ〜〜ん。
e0112077_11531889.jpg


歯医者さんからの帰り道、ここ裏門通りを通ると、、、。
e0112077_11535849.jpg

いるんですねえ、裏門通りネコ、るみちゃんが。


縁台にのぼってぼよ〜〜ん。
e0112077_11544252.jpg



肉球はきれいな薄いグレー。
e0112077_11553497.jpg



このお方はとにゃままの存在ってのを全く気にしていない様子です^^;;。
e0112077_23443015.jpg



はあ、昼寝は極楽、ごくらく。。。
e0112077_23455292.jpg



ゆっくりお休みくださいませ〜〜。
e0112077_23461963.jpg


by tnysatcmo | 2008-06-21 12:00 | にゃんこ | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 19日

第34回サロンコンサート間近

e0112077_43013.jpg




e0112077_431782.jpg




e0112077_44353.jpg



とにゃりん、しっぽ劇場でち!
e0112077_443257.jpg



あれよあれよという間に無料サロンコンサートの時期がやってきました。
・第34回
 6月22日(日)
 15:30開演予定

1)弦楽四重奏 / ベートーヴェン:弦楽四重奏曲「ラズモフスキー1番」<第1楽章>
2)Fl+Vln / C.P.Eバッハ:「二重奏」(Vln楽器紹介あり)
3) 弦楽六重奏 / ブラームス:弦楽六重奏<第1楽章>(Vla,Cello楽器紹介あり)
4) 響友会合唱団
5) 弦楽四重奏 / スメタナ:弦楽四重奏曲<第1楽章>
6) Fl×2 / ビゼー:カルメンより(Fl楽器紹介あり)
7) 弦オケ / モーツァルト:ディヴェルティメント第3番(Cb楽器紹介あり)
8) 弦オケ+会場合唱 / 夏の思い出


とにゃままは相棒とともに「カルメン」に出演。
木管には今ひとつのところでまだ慣れないし、相棒とのビジュアルなつりあいも考えて、今回は銀の方で。

Fl+Vln / C.P.Eバッハは新人くんと同級生のヴァイオリンくんの音高コンビ!
必見です!


5月の雨続きの頃ご近所さんで拾ったさくらんぼ。
e0112077_3412047.jpg



まだまだ実をつけているのが見られますよ!
e0112077_3414247.jpg

こんなに長く楽しめる事に去年は気づかなかったので楽しんでいます。
ただ、もしかしたら毛虫にも注意した方がいいかも>・<!

by tnysatcmo | 2008-06-19 03:41 | うちのオケのこと | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 17日

ゴールドベルク・レクチャー

。。。
e0112077_2328852.jpg

梅雨の晴れ間が続いていまちね。


とにゃりんでち!
e0112077_2329514.jpg

いつも着ている服は同じに見えるかもしれませんが今日は前にファスナーがついていまち!


お天気のよかった先週の土曜日14日に
バッハ「ゴルトベルク変奏曲」- 野平一郎の音楽塾
へ行ってきました。

場所は新宿の朝日カルチャーセンター(住友ビル)。
e0112077_23342487.jpg

でかいでち!


こんな方がいらっしゃいます。。。
e0112077_23345266.jpg

玉ちゃん、だそうです。
江戸時代、太田道灌を救ったと言われているネコさんです。


やはりピアノを弾く方が多いのか、どういう方々が集まったのやらわかりませんが、
結構盛況です。
「ゴルトベルク変奏曲」の正式名称は
「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」
e0112077_23384057.jpg

アリアだけでもいつか弾いてみたい、と思うものの。。。
3声だから無理かなあ。
アリアから始まり、30もの変奏を経て、またアリアへ戻る構成です。
詳しい構成図は、やはりこの渡邊順生さんのプログラム解説が便利!
(1)ソナタ又は組曲(舞曲)
(2)デュエット(技巧的。鍵盤も二段使う)
(3)カノン
この(1)〜(3)×10で30変奏ですが、
最後の第30変奏のみ、「クオドリベット」と呼ばれる、2つの民謡のテーマを組合わせたものになっています。
、、、などという込み入った話は「ゴルドベルク変奏曲」についての解説本などに譲るとして。

いずれにしても、この曲は「カノンに支配されている」そうです。
で、この日は特にカノンを中心に解説してくださいました。
カノンというのは、、、
「静かな湖畔の森の影から、、、」
とか
「かえるの歌が聞こえてくるよ、、、」
という、あれですね。

バッハは相当「数」にこだわる人だったそうです。
この曲の変奏が3×10でできていることでもそれはわかります。
カノンも第3変奏では同度。第6変奏では2度、、、第27変奏では9度の構成。
ここらへんから少し脱線。
バッハは最後の10年間で、この「ゴルドベルク変奏曲」、「音楽の捧げもの」、未完のフーガの技法」を書いています。
「ゴルドベルク変奏曲」と「音楽の捧げもの」の間は少し空いているそうですが、
最近「14のカノン」という曲を書いている事が判明したそうです。
「14」とは半端な数字ですが(ふつうは調によって8とか12とか24とか)これは
バッハの名に由来します。
すなわちアルファベットの順番からすると、
B=2
A=1
C=3
H=8
足すと14。
著名な音楽家で構成される「ミツラー協会」の会員番号14をゲットするために入会時期を少し遅らせたとかいうハナシもあるそうです。
。。。
いやはや。
。。。
で、このカノンですが、カノンのあらゆるパターンを試みています。
楽譜を垂直軸でリフレクトする「逆行」
楽譜を水平軸でリフレクトする「反行」
「逆行の反行」なんてのもあります。
おまけに音価を半分にしたり2倍にしたり。。。
テキトーにつくるとかなり滅茶苦茶になりますが、
これは普通に聞いてもきちんと音楽的になっている様です。
野平さんが少し弾いてくださいました。

作曲とは、自由にできた方が良いのかもしれませんが、
こんな制約を自らに設けて自由と束縛のせめぎあいの中で作り上げるという行き方もあるそうです。

こういう解説も面白かったですが、何と言っても興味深かったのは
野平さんが「ゴルトベルク変奏曲」を弾くに際しての心情。
何しろ長い曲ですから、冒頭のアリアを弾く時には大海原に航海する様な心境だそうです。
ものすごい孤独感を感じるそうです。
最後に同じアリアを弾くことは考えないそうです。
でも色々な方の演奏を聞きましたが、最後のアリアに到達した時の感じは一様に何とも言えない平静を感じます。


講義の時のメモ。
e0112077_444166.jpg





お決まりのCDにサイン!
e0112077_45836.jpg

「ゴルトベルク変奏曲」の変奏は、左手のベース音の変奏ですが、
野平さんの「ゴルトベルク変奏曲」の最後のアリアはそれに敬意を表して、
ベース音が強調されています。
こういう手法はドビュッシーの前奏曲集の「沈める寺」でも試してみたそうです。
大伽藍がどおっと水底に沈んで、最後はゆらゆらと水と一体化する様。
そうそう、野平さんのその演奏をかつて生で聞いてその光景が目の前に浮かんで演奏を聴きながら涙したのはそういう手法のなせるワザだったのか!


1975年に直筆譜がみつかって新たにテンポについての書き込みなども判明したとか。
歴史とは変わっていくものです。



まわりのビル。
e0112077_46718.jpg



都庁。
e0112077_4135078.jpg

東京カテドラルの設計者と同じ丹下健三氏。


さらに。
e0112077_4143030.jpg

玉ちゃんの後ろ姿と都庁。


建築中の不思議な建物。
e0112077_4151677.jpg



このへんはバイク置き場。
e0112077_416383.jpg

ちょっとしたスペースがあるのでよくサンドウィッチなど食べて過ごしたりしております。
この日はレクチャーの後、木管を調整に出したのですが、その待ち時間の間ここでのんびりしていました。

by tnysatcmo | 2008-06-17 23:38 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 16日

麦とろの日

6月16日は『麦とろの日』。
e0112077_21492231.jpg



ふ、麦とろ。。。
e0112077_0464083.jpg



麦とろとマグロのとろは親戚でちか?
e0112077_047149.jpg

とにゃりんでち!

六(ぎ)月十六(とろ)日で『麦とろ』、なんですね。
とにゃりんとしては『麦』はいらなかったみたい^^。
もちろん、とにゃまま家ではとにゃりんのそんな勘違いはシカトで普通のお食事でした^^。
とにゃりんの勘違いを採用したら、毎月16日は『とろの日』になっちゃいますよねえ。


ご近所の老舗割烹旅館にポスターが貼ってありました。
e0112077_0524870.jpg

ほたるの夕べも近々開催予定。


続けて別な記事も書こうと思ったのですが、月曜はとにゃりん教の安息日につき、体も安息モード眠気モードzzzzz...。
ここのところのエントリに続き、またこんなおちゃらけ記事になってしまいました^^;;。

by tnysatcmo | 2008-06-16 21:49 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(8)
2008年 06月 15日

ある日の裏門通り その2

なんだかくやちいでち!
e0112077_141024100.jpg

とにゃりんでち!


ある日の裏門通りの続き。

毛色の不思議なにゃんこさんに出会った後、やはり、いました。
この方。


おほほほほ。
とにゃりんが「ミス・ニャンコン」に出ようかしら、ですって?
e0112077_1411876.jpg

おほほほほほ。
ちゃんちゃらおかしいわ〜〜。


100年早いのよっ!
e0112077_1411191.jpg



という会話があったかどうか(笑)。
いつも迫力、裏門通りネコ、るみちゃんです。

ここ数日梅雨の晴れ間が続いています。
ほっとしますね。
こういうちょっとした日常の幸せをありがたく感じて過ごしたいです。


雨が多かったのでアジサイが元気です。。。
e0112077_14114399.jpg

花自体ももちろん美しく咲いていますが、、、
あの、、、
全体的に育ち過ぎ!
この様なアジサイジャングルがあちこちでできあがっています^^;;。


そして、
この様に花を飛び越え、上へ上へと育っている葉も。。。
e0112077_14115923.jpg


by tnysatcmo | 2008-06-15 14:12 | お散歩 | Trackback | Comments(12)