とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

おおみそか

今年もおしまいでちね。
e0112077_3302685.jpg

お世話になりまちた!とにゃりんでち!

今年もおしまいでち。
ブログを始めてにゃんだかんだと1年近くが経ちまちた。
とにゃままは不器用なので、ブログに気をとられていると、あたちとちっとも遊んでくれません。
お友達のブログに遊びに行くのもにゃかにゃかできなかったり。
もう少し時間と頭をうまく使ってこれからもブログを楽しんでほちいと思ってまち。


ご近所の老舗旅館も新年の門松を掲げています。
e0112077_3342570.jpg


ここは冬の間中、冬桜が見られます。
e0112077_33531.jpg



土曜日ごとにこの公園にお散歩に来ました。
季節の花を植え替えしているので色々と楽しめました。
e0112077_336123.jpg

今はメタセコイアの葉っぱのじゅうたんがふかふかです。


そして、山茶花。
e0112077_3365278.jpg



ご近所の神社さん、主役交代。
昨日1年間掲げられていた場所から取り外されました。
e0112077_3372121.jpg

今年はいろいろなことがあったぶひ〜〜。

今年はいろいろありました。
要約すると、
 出会いと別れ。
 健康に注意!とにゃりん&とにゃまま。
 二人とも確実に老いに向ってますよ〜。
今年最後のシゴトが葬儀屋さんと歯医者さんのシゴトだったのが
何だか今年を象徴している様でした。

来年もいろいろあるかもしれませんが、何とか乗り切りたいです。
e0112077_3405754.jpg



良いお年を。
e0112077_3411440.jpg

来年もよろしくでち!

年明け4日5日頃までとにゃままは仙台、とにゃりんは新年会とか見回りとか水利きとか?で忙しいそうです。

by tnysatcmo | 2007-12-31 03:43 | とにゃりん | Trackback | Comments(18)
2007年 12月 30日

12月28日

たまには横顔決め!のとにゃりんでち!
e0112077_17212620.jpg


12月28日は、シゴト納めでした。
(シャインの方々は29日まで)
駆け込み下版の憂き目に遇うところでしたが、結局来年に。
そんな訳で、来年に向けてのシゴトをこつこつ、の比較的のんびりDAYでした。
とはいえ、年明けは怒濤のシゴト量なので少しでも前倒しに、と思ったりしたのですが、、、、、、、、、
誘惑には勝てず。
e0112077_17373769.jpg

東京オペラシティの近江楽堂であった
渡邊順生さんのゴルドベルク変奏曲の演奏会へ行ってしまいました。


余裕を持って出るには18:04。
迷っているうちに18:14ぎりぎりに飛び乗り。

到着予定時刻は18:51でしたが、新宿南口をダッシュ。
(南口付近で必死の形相のおばさんとぶつかった方々、すみません)
18:45に初台着。
30分で着きました。すごいです。

e0112077_254674.jpg



暮れも押し詰まった28日なので思ったよりもぎゅうぎゅうでなく、鍵盤が少し見える下手に座る事ができました。
近江楽堂は小さいところなので、真ん前でも後ろでも聞こえ方にはさほど差がないと思います。

プログラムにはこんな必殺技が!!
e0112077_261766.jpg

この図によって
(1)アリア以外が3つの固まりになっていて10グループある
(2)どの変奏が2段鍵盤を使うか一目瞭然
(3)どの変奏が何拍子か一目瞭然
(4)どの変奏が何調か一目瞭然(ト長調かト短調のどっちか)
(5)3つの固まりの中で真ん中の曲は技巧的(2段鍵盤を使う事が多い)
(6)3つの固まりの中の3曲目のカノンの形式などがわかる

演奏は、
どう弾きたいかがシロウトにも伝わる様な演奏。
最後のクォドリベットに向うアタッカは鬼気迫るものがありました。
いろいろな方のいろいろな演奏を聞くと、余計に引き込まれるゴールドベルク恐るべし。


チェンバロは、久保田彰さんの2006年の作。
チェンバロのあたりをうろうろしていたら、調律師の方がいらして、おばさまが質問攻めしていたのに遭遇。便乗して聞いてしまいました。
この日の調律の方は女の方でした。
今回はバロックの調律で415Hz。
現代の曲をやる場合には、鍵盤の右端にある板を左端に挿れるそうです。
鍵盤の数は少ないけれど、長さはグランドピアノと同じぐらい。
蓋の開け方も奏者によって違っていて、今回は奏者の脇の分は折り畳んでいました。

チェンバロ奏者の方ってピアノ奏者と違って暗譜で弾かないんですね。
しかも譜めくりの人をおかないし。
それと、近江楽堂でやる時はみなさん必ず小さいライトをひとつかふたつ点けています。
なぜかしら〜〜。
素朴な疑問。

なんて色々情報を得ていたら、師匠の演奏会という事でいらしていた、れいねさんにあいさつし損ねてしまいました。ザンネン。

終演後、渡邊さんがフォルテピアノでスカルラッティを弾いているCDにサインして頂きました。
このフォルテピアノのレプリカを作成したのも久保田さん。
彼は多作なのでは!?


まだサインしたりお話したりしている渡邊さん他を遠巻きに。
e0112077_2281032.jpg



この前のコントラバスのお隣のショウウィンドウ。
e0112077_2291321.jpg



リサイタルホールの方は、この日は催しなし。
e0112077_229413.jpg

e0112077_2294958.jpg



雨が降ってきました。
e0112077_2304640.jpg



年末最後に良い演奏会へ来られてよかったです。

by tnysatcmo | 2007-12-30 17:24 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 29日

先週今週の土曜日のお散歩

こっちの水は甘いぞ。
e0112077_1735157.jpg

ホタルじゃないでちけど、あちこちの水を飲むのが好きな、とにゃりんでち!

昨日は雨が降ったので雨水を堪能。
びっくりするのは、入浴剤入りの桶の水を飲むことです。
マグネシウムがうまいのか?
塩味が刺激的なのか?

今日は結構暖かかったです。
調子に乗ってアイス食べたら頭きーん。



先週、今週の土曜は雨模様だったり、曇りだったり。
まず先週の土曜のお散歩から。


モスの掲示板。
e0112077_181466.jpg

あらら〜、ヤバいですね、大丈夫かしら。
今年はどうだったのでしょう?

山茶花でしょうか。
e0112077_1832769.jpg

葉っぱが他の葉っぱで隠れてしまっています^^。

山ほどあった絵馬が随分少なくなっています。
e0112077_1834637.jpg




e0112077_1845011.jpg




小雨の中、恒例の骨董市。
立派なまねき猫!
e0112077_1852481.jpg



後ろ姿。
e0112077_19143879.jpg




今日はのんびり近所をちょこっとお散歩。
いつも通りすぎているだけのお稲荷さん、神社さんをお参りしました。
e0112077_18122878.jpg



お正月の装い。
e0112077_18125118.jpg

昨日の雨で少し崩れてしまいましたが、また整えてもらえるのかな。


こちらは、雨のしずくで装った山茶花。
e0112077_18141643.jpg



年賀のベースは夏頃についでに作るのですが、あれやこれやでやっぱり遅くなる年始の挨拶状。
ま、松の内〜15日あたりが目標。。。

by tnysatcmo | 2007-12-29 17:36 | お散歩 | Trackback | Comments(10)
2007年 12月 28日

ある日の裏門通り

今日から雨、らしいでちね。
とにゃりんでち!
e0112077_533282.jpg

こんな風にひなたでお昼寝できるのは、もう今年は大晦日ぐらいみたいでち。

ここのところの記事はコンサート三昧だったので、
のんびりお散歩のことを少し。


まだ樹に葉が残っていた11月24日。
e0112077_5363580.jpg

え〜〜と、筋肉痛のままお散歩した日。

裏門通り。
玉木靴店。ここに裏門通り@ニンゲンの主がいらっしゃいます。
もう営業はしていませんが。。。
e0112077_5373964.jpg

こにゃちは〜〜。
こそっと近づきます。



こにゃちは〜。
気づいてない様子。

e0112077_5393857.jpg




こにゃちは〜。
e0112077_5403425.jpg




こにゃちは〜。
e0112077_5411986.jpg




こにゃちは〜。
e0112077_5421058.jpg

裏門通りネコさんとはまた別ネコさんです。
逃げネコ系ですが、ナントカここまで近づくことができました。



さて、冬眠の準備でもしたいところですが。。。
e0112077_5464256.jpg

冬眠の時に使えそうな素敵な落ち葉ももうなくなってしまいました。
こんなナマケモノには冬眠の資格もなさそう^^。。。

by tnysatcmo | 2007-12-28 05:42 | お散歩 | Trackback | Comments(6)
2007年 12月 27日

12月23日のコンサート、ミッチー

この日は
e0112077_3363962.jpg


前日から午前中にかけて降っていた雨も止んだので、
e0112077_338273.jpg

日光浴がてら毛繕いに励んでいたとにゃりんでち!


え〜〜。
ミッチー、といえば、
古くは三橋美智也
或いは渡辺美智雄
(古すぎ)

そして、、、。
日本音楽会の重鎮、小林道夫。

これを総称して、「無理矢理ミッチー御三家」と言います。
(言いません^^)
おっ、そういえば、居酒屋仲間のこの方もみっちー!


毎年年末に催されるコンサート。
e0112077_3423913.jpg

今年で36回目だそうです。

今年は、バッハの「ゴルドベルク変奏曲」にはまりにはまった一年でした。
期せずして今年の最後を飾る演奏会が小林道夫さんのコンサートになりました。
とにゃままの今年の演奏会を総括するにふさわしいものです。

東京文化会館にて。
14:00。
マチネに来る事があまりないので、新鮮。
e0112077_3561118.jpg




バッハの「ゴルドベルク変奏曲」の正式名称は
「2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏」。
すなわち、チェンバロのための曲です。

今年はまった、という割には、
マリア・ティーポのピアノによる演奏
弦楽合奏、jazzに崩した演奏
パイプオルガンによる演奏(クリスマスはずっと聞いてました^^)
などは聞きましたが、チェンバロ演奏、それも生、で聞くのは初めてでした。
実は前日に銀ブラした時に山野で、かのスコット・ロスのCDを購入したのですが、
あえて聞かずに臨みました。


座席はQ-13。
一番後ろでしたが、下手の鍵盤がばっちり見える席でした。
上下の鍵盤いったりきたり、右手で弾いて左手に渡す、など名人芸も堪能。

チェンバロは、アトリエ・フォン・ナーゲル。

う〜〜ん、やはり出だしの「アリア」から感動的な響きでした。
感涙。
小林道夫さんも随分と研究を重ねて、
e0112077_3471921.jpg

それでもいろいろ発見があって、とおっしゃる曲。

軽やかな装飾は、技術的に優れたピアニストにとっては難なく、またそれはそれで美しいですが、やはり、チェンバロに似つかわしいかな、と感じました。
調律の関係もあって、少し違う調に聞こえますが、それも曲にあっている感じがします。


折り返し地点でいったん休憩。

お隣大ホールは、第九の演奏会の様でした。
e0112077_423577.jpg


小林ミッチーが今年集大成として録音したCD購入。
もちろんサインしてもらいました^^。
e0112077_4251058.jpg


第九の演奏会の終演と重なって東京文化会館のロビーごった返してました。


e0112077_4262821.jpg

このあと今年最後のオケの練習があったので急いでトンボ帰り〜〜。


実は12月28日に近江楽堂で渡邊順生さんの「ゴルドベルク変奏曲」があります。
でもシゴト納めで下版があるので行けるかなあ、どうかなあ〜〜。

by tnysatcmo | 2007-12-27 03:39 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
2007年 12月 25日

メリー・クリスマス!

メリー・クリスマス!
e0112077_22294014.jpg

とにゃりんでち!

この前の土曜日は雨模様でしたが、フルートの今年最後のレッスンのあと
新宿→銀座へ移動して少しイルミネーションを楽しんできました。


有楽町の駅前。
e0112077_22311147.jpg

随分様変わりしました。


銀座の通り。
e0112077_22314799.jpg

カップルが仲良く傘に入っているのを見ると何だかほっこりします。


アップルストアの前の兵隊さんはみんなipodを聞いています。
e0112077_22324137.jpg




MIKIMOTOのショウウィンドウ。
e0112077_22332670.jpg

真っ赤で思い切りよくクリスマスの空間を演出。

いつもは正面から撮るのですが、斜めからのアングルのみ。
なぜなら、
この時期は。。。
お隣のツリーの前の人だかりがすごいのです。
e0112077_2236360.jpg

かろうじて上の部分をファインダを通してのぞかせてもらいました。

この後そのお隣の山野についふらふら。
ポイント2倍セールをやっていたのでCD3枚お買い上げ。


お約束の和光のショウウィンドウ。
e0112077_22374569.jpg




e0112077_22391241.jpg




そのまま四丁目の交差点を渡って。
e0112077_22393630.jpg



ヴィトンのビルもクリスマスの装い。
e0112077_22412839.jpg



その向いの渋いビル。
e0112077_22424987.jpg




シセイドウのツリー。
基本形。
e0112077_22432665.jpg



バリエーションその1。
e0112077_22441487.jpg




バリエーションその2。
e0112077_22442983.jpg



開店扉が誘なってます。
e0112077_2246561.jpg



ホワイトクリスマス。
e0112077_22464886.jpg



やあ、サンタさん、去年もいたよね。
e0112077_2247255.jpg




えっと、どっかのブランドのビルの壁面ディスプレイ。
e0112077_2248080.jpg




e0112077_22483533.jpg




ペコちゃん、クリスマス・ケーキは売れたみたいだね♪
e0112077_22495883.jpg




さて、ざっと一周したので帰ります。。。
e0112077_22504690.jpg



みなさんはどんなクリスマスを過ごしましたか?

by tnysatcmo | 2007-12-25 22:39 | お散歩 | Trackback | Comments(10)
2007年 12月 24日

クリスマス・イブなので

今日はクリスマス・イブなので。。。
e0112077_167180.jpg

一日寝ていまちた。。。。
とにゃりんでち!

とにゃりん教では月曜日は安息日でち。
でも今日は、クリスマス・イブという事で、特別に。




。。。和風で。





落ちてきそうな勢い。
e0112077_1685517.jpg



ここは有力企業や政治家さんばかり。
e0112077_1610551.jpg



12月12日は、地元の酉の市でした。


何故か毎年こんなものが。
e0112077_16115072.jpg



e0112077_1612792.jpg

おばけやしき。
おばけやしきよりブレて写っているお姉さんたちがコワい。。。


そして、ちょっと惹かれるこのおみせ。
e0112077_16125078.jpg

ちょっと一杯、といきたいところ。


ことしは、こんな熊手が。
e0112077_16144778.jpg

おしりかじり虫。

わたしは、去年の分は奉納して、毎年父の分と私の分の熊手を買います。
e0112077_16513549.jpg

今年は作り方が荒っぽくて、糊が思いっきりはみ出しています。
きっと来年は豪快な年になることでしょう。
細かい事は気にしない〜〜^^/♪

by tnysatcmo | 2007-12-24 17:35 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(14)
2007年 12月 20日

サロンコンサート

はあ〜〜い!
e0112077_4272093.jpg



はあ〜〜い!
e0112077_4414722.jpg



サンタしゃんにトップを奪われた上に、つい「はあ〜い」と応じてしまった
とにゃりんでち!
無念でち。。。
e0112077_4561386.jpg



この時期になるとサンタ出現のロビーにて
12月16日にサロンコンサートがありました。

今回は定演に引き続きブロガーさんおふたりが聞きに来てくださったんですよ♪


楽屋?の風景。。。。
ホールじゃないので控え室は、通常の練習室。
これはエキストラのファゴット、Sちゃんの「部屋」(爆)!
e0112077_5224643.jpg

リードやらサンドペーパーやら飲み物やら、、、。


トップバッター。
vn1st氏の代打Oくんに活躍してもらって
ハイドンのデヴェルティメントより、trio〜menuetを省いた楽章を3曲。

ここのスペースは天井が高くて、合唱の歌声がよく響くのですが
私は、今回は出番の関係で全く聞けず、ザンネン。

フルート4本のベルトミュー「アルカディ」。
トップ担当の相棒、この週、おうちが大変だったのですが、頑張ってくれました。
袖で4人で撮ればよかったのですが、3人で。
e0112077_0193875.jpg
新人くん
わたし
相棒。

新人くんはおじいちゃんから礼服の上着を借りたそうです。
なかなか決まってます。
母ふたり、子ひとり、の図(爆)。
あとひとりのメンバーが加われば、年の少し離れたお姉さんとで、4人家族の図、となります(笑)。
しれ〜っとして写ってますが、
本番直前のソデでもカノジョにメール。
「メールすぐ返さないと怒られるんですよ〜。」



そして。
急ごしらえアンサンブルの「くるみ割り」
葦笛の踊り
中国の踊り
こんぺい糖の踊り
花のワルツ
の4曲を語りつきで。

e0112077_531860.jpg

おともだちのブロガーさんが美しく(!?)撮ってくださったシャシン。


出番が終わった頃にはもうトリの弦合奏
e0112077_539153.jpg

コレルリ「クリスマス協奏曲」
指揮なしでしたが、なかなかまとまって良かったです。
最初に登場したサンタさん、上の方に移動(笑)。

一番最後に会場の方々と
「きよしこの夜」を。
フルートは新人くんにお願いして、わたしは撮影。
e0112077_5401031.jpg



e0112077_5402981.jpg

このトシにしてかなりしっかり会話のやりとりができるコですが
やっぱりヌケてるとこがあるので、おかあさんたちはハラハラ見守り。
最後の「きよしこの夜」の時も
「そろそろ楽器組み立てて」
「そろそろ出番よ」
とつい口うるさくでしゃばってしまった母ふたり^^。。。



みなさんおつかれさんでした。
新人くん、サロンデビュー戦、おつかれ。
来てくれた方ありがとう。
あ、マフィン、ありがとね!

e0112077_542795.jpg


うちあげは
おうちが大変な相棒とチビふたりがいるうちのパートのメンバーはふたりは欠席で
腹をすかした新人くん、ハイドンのメンバー、くるみ割りのメンバーを含む面々などと。

次回は来年2月10日です。
新人くんとデュオをやるかも。

by tnysatcmo | 2007-12-20 23:48 | うちのオケのこと | Trackback | Comments(16)
2007年 12月 20日

12月17日神田寛明と、響演,vol.12

横顔がシブい、とにゃりんでち!
e0112077_320245.jpg

まるで男子のようです。



12月17日(月)に「12月17日神田寛明と、響演,vol.12」を聞きに行きました。
新宿のパウエル・フルート・ジャパン アーティストサロンにて。


ところで。
「とにゃりん教」は、月曜日が安息日です。
(日曜はオケがあってその後飲んでしまうからですね〜♪)

ところが。
11/26のアドリヤン
12/3の瀬尾久仁&加藤真一郎 ピアノデュオリサイタル
12/10にThe Well-Tempered Orchestra
と4週続けて禁を犯しています。
そのうち、とにゃりん様から罰がくだりそうです。。。

それはさておき。
「響演」。
「共演」とかけた造語です。
今回の共演者は、埼大の准教授で芸大の講師の竹澤栄祐氏。
師匠の先輩です。
「響演」の共演者で先輩は初めてかも。
その関係については、こっそりプログラムをのぞいてみましょう。
e0112077_414198.jpg

師匠のプログラムに寄せる文も楽しみのひとつ。

さて内容ですが、
W.F.バッハ/2本のフルートのための二重奏曲
全曲!!シブい!

Nr.3
Nr.6
Nr.2
休憩
Nr.5
Nr.1
Nr.4

竹澤氏が初めに1stで、後は1曲ずつ交代。
鮮やかなバトル、アンサンブルでした。

「人前でエチュード1冊吹いちゃった様な感じだよ〜」とは
終演後、竹澤氏が店長の吉田さんに漏らした感想。
Nr.1とNr.4は特にかっこいいので是非やってみたいのですが、いつも楽譜をみてげんなり。
いつかできるかな〜。

第76回日本音楽コンクールで1位と聴衆賞を受賞した上野由恵さんも聞きにいらしてました。

休憩時間と終演後はもっぱら店長の吉田さんとおしゃべり。
先日のサロンで撮った新人くんとの写真をみせてあげました。
新人くんはパウエルで
ブランネンクーパーを発注中。
ピッコロはパウエルのシグネチャーを購入。
パウエルを愛している店長としては、パウエルのシグネチャーを購入した、というお客さんとして新人くんの事を記憶しているらしい。
店の売り上げとしては、ブランネンクーパーの方が断然上〜〜なんですがね。

わたしが何故どのコンサートもひとりで来るか、なんて話にもなりました。
それは。
面倒くさいからです!
えっと誘いあって待ち合わせして、そのあとご飯食って。。。
確かにいい音楽を聞いてその喜びを分ちあうのも何物にも代え難いのですが。。。
では、数あるコンサートのうちどれをご一緒するか、というのを考えるのも大変です。
っていうか、ともだち少ないんですよね、とにゃまま。へへへ。


そんな訳で
新宿西口のナントカいうところのイルミネーション。。。

e0112077_415860.jpg





e0112077_4152536.jpg






e0112077_4154544.jpg


by tnysatcmo | 2007-12-20 03:20 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(4)
2007年 12月 19日

12月10日のコンサート

イルミネーション夢見るとにゃりんでち!
e0112077_8404678.jpg



時期が前後しますが、12月10日(月)にまたまた当日券でふらっと東京文化会館。
The Well-Tempered Orchestraの第1回定期演奏会に行ってきました。
主宰は、フルートの瀬尾和紀氏とヴァイオリンの原田 陽氏。
弦が1プル〜2プルぐらいの少数オケ。
フルートの瀬尾さんが指揮も担当。
瀬尾さん、かつての美男子然とした感じから少しかっぷくがよくなっていました^^。
チェンバロで中村恵美さんも出演。
e0112077_8411562.jpg



プログラムは
“ウィーンから巨匠イェルク・デームスを招いてJ.S.バッハの世界”
という訳で、オール・バッハ・プログラム。

管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV.1067
ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV.1042

休憩

クラヴィーア協奏曲 第1番 ニ短調 BWV.1052
ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV.1050
e0112077_8412981.jpg



管弦楽組曲第2番は演るのはもちろん聞くのも結構おなかいっぱいになる曲。
バッハ大好き、いい曲だと思うのですが、この曲だけはどうもなあ。
でも良い演奏でした。
知らないヒトでも知っている小曲が紛れています。
瀬尾さんが吹き振り。

ヴァイオリン協奏曲は、原田さんが好演。
ひざくねくねでバランスとるタイプ?
e0112077_8415087.jpg



後半戦。
クラヴィーア協奏曲はもちろんですが
何とブランデンブルクのチェンバロパートもイェルク・デームス氏がピアノで。
チェンバロ協奏曲とも称されるブランデンブルクの5番なのに〜。
恵美さんが弾くのかな、とちょっと期待もしていたのですが。。。
ピアノでも面白かったですが、どうもテンポが安定していない気がして(きっとそんなことはないと思うのですが)何だか落ち着いて聞けずに、ザンネンでした。

出入りと立ったり座ったりもばらっとしていてあまり美しくありませんでした。

でも少数精鋭のステキなオケなので今後に期待、です。
e0112077_842103.jpg




ご飯もらったあとの東京文化会館ネコさん。
e0112077_8423722.jpg



顔の模様がカッコいいです。
e0112077_8425563.jpg

おしりもぷり〜。
かじりつきたい〜!?☆★

by tnysatcmo | 2007-12-19 08:43 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)