2008年 07月 02日

光の庭・プロムナード・コンサート

とにゃままは時間の使い方が下手でち。
e0112077_1121524.jpg

とにゃりんでち!


この前の土曜も出たり入ったり。
e0112077_1123086.jpg

後ろ脚にかかるモッサモッサ〜が気になります、とにゃりん様。


聞いてるんでちか!
とにゃまま!

e0112077_1124378.jpg

はは〜〜、すみません、とにゃりん様。
仰る通りでございます〜〜。

早起きできず、
いつもの土曜と同じ時間に起きて
お散歩へ行って
食料の買い出しに行って
歯医者へ行って
急ぎいったん戻って
それから
与野の芸術劇場で月に一度ある
光の庭・プロムナード・コンサートへ行きました。

劇場に備え付けのミニミニミニミニサイズのパイプオルガンとも言える
ポジティフ・オルガン。
パイプに風を送って鳴らすのでパイプオルガンと同じ原理なのです。
大塚直哉さん監修のもと、さまざまな奏者がいろんなゲストを迎えて30〜40分ほどの演奏をしてくれます。
この日は
小野田良子さんオルガンに、パーカッション長岡敬二郎さんがゲスト。
パーカッションといえば、とにゃままの血沸き肉踊る〜〜。
いてもたってもいられな〜〜い〜〜。
無料だし(いや、実際は県民税払っているから無料とは言いがたいかも^^)
とにゃりん様に何やってるんでちか!と言われても行ってしまいました。
e0112077_2281217.jpg

前半はバロックもの。
パーカッションはタンバリンでタムタムの役割を果たしたり、控えめに間の手を入れたり。
それにカホン!!
とにゃままが欲しいパーカッションのひとつ。
見た目は四角い箱状の椅子?という感じですが、前面を叩くといい音がするんですね〜〜。

前半は譜めくりの方が低音パートを片手で弾いたり、ストップ(これで音色やオクターブが変えられます)を操作したりしてました。

後半は
ボサノバっぽい曲

〆はチック・コリアのラ・フィエスタ!
チック・コリアはおふたりとも自由にアドリブあり。
長岡さんはタンバリンを手や肘で叩きながら会場を一周してくれました!

アンコールは「浜辺の歌」の即興演奏。
パーカッションは、卵形のマラカスとタンボリンというタンバリンのミニサイズのもので参加。
楽しかった〜〜。


終演後、ポジティフオルガンチェックしつつ解体中。
e0112077_11469.jpg

ポジティフオルガンのしくみを教えてもらいました。
それと。
長岡さんにカホンのしくみを教えてもらいました。
中は空洞になっていて、前面部分の裏側に弦が張ってあってそれが共鳴してあんな音が出るんですね。
叩けば音が出るので、やっぱり一家に一台!


クローバー畑が見頃。
e0112077_1145932.jpg



クローバー越しに劇場を臨む。
e0112077_1154467.jpg



入り口付近にそびえる塔。
e0112077_1165197.jpg

近々『ガラスの仮面』や『からさわぎ』が上演される予定。


あちこちにちょっとした緑があるので、こういう風景が撮れます。
e0112077_118259.jpg



ちょっとした緑があるので、でっかい蟻もアリ。
e0112077_1185126.jpg



この後も予定が詰まっているのであわてて帰ります。
が、
与野名物、大カヤ。
e0112077_1193758.jpg



こんな太さ!
e0112077_1202362.jpg



ネコさんをみつけたので、、、
e0112077_1205788.jpg

カメラを向けたら、、、


この方が嬉しそうに反応したので、、、
e0112077_1215355.jpg



舌が出てますよ〜〜。
e0112077_1222827.jpg

ネコさんのシャシンは1枚のみ。。。
ま、かわいいワンちゃんだからいいっか。


裏門通りにいたネコさん。
e0112077_1241467.jpg

たぶんこのコです。

、、、なんて寄り道していたらこの後スタジオ2時間とってたのに、30分も遅れてしまいました〜〜>.<。

by tnysatcmo | 2008-07-02 01:24 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/8230967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by AMORESGATOS at 2008-07-02 14:29 x
とにゃりん、かほん、ってあのフラメンコギターのお友達の!!私も大好きです!!見に行ったときは手が痛そう・・・とか思ったんですけど。なんかちっちゃいほうきみたいのでザリザリする音もいいんですよね。
Commented by tnysatcmo at 2008-07-03 12:15
♪さくらちゃんさん
こにゃちは〜。
そうです!かほんはラテンな音楽には欠かせな〜〜い!
初めて聞いた時は、エレクトリカルな楽器かと思ったら超アナログ。。。
きっとラテンなヒトがそこらへんの釘がゆるっとしたハコを叩いたのが起源に違いない。
ちっちゃいほうきみたいのはブラシといいます。(ってそのままぢゃん!)
この前長岡さんも使ってました。ブラシ使ってんのは初めて見た聞いたです。
やあ、いいっすよね♪
ってかこんな個人的な備忘録えんえんと読んで頂いていたとは恐縮でち!
Commented by karudamon3 at 2008-07-03 23:29
ガラスの仮面にちょっと釘ずけ~♪お芝居ですか~
小学生の時に本屋で立ち読みして、お楽しみ会で演じた思い出が~
最後のにゃんこさん、お話に出てきそうなお顔とお姿ですね~
Commented by tnysatcmo at 2008-07-04 12:28
♪karudamonさん
こんにちは〜。
ガラスの仮面、音楽劇みたいですよ〜。
ワタシもちょっと気になります。
えっ、おたのしみ会で!
見たかったですねえ〜^^。

このにゃんこさんは最近みかける様になりました。
警戒心が強いですが、毛並みがよくてなかなかの美猫さんです。


<< 茅の輪くぐり      神田寛明、熱唱Vol.1 >>