とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 16日

麦とろの日

6月16日は『麦とろの日』。
e0112077_21492231.jpg



ふ、麦とろ。。。
e0112077_0464083.jpg



麦とろとマグロのとろは親戚でちか?
e0112077_047149.jpg

とにゃりんでち!

六(ぎ)月十六(とろ)日で『麦とろ』、なんですね。
とにゃりんとしては『麦』はいらなかったみたい^^。
もちろん、とにゃまま家ではとにゃりんのそんな勘違いはシカトで普通のお食事でした^^。
とにゃりんの勘違いを採用したら、毎月16日は『とろの日』になっちゃいますよねえ。


ご近所の老舗割烹旅館にポスターが貼ってありました。
e0112077_0524870.jpg

ほたるの夕べも近々開催予定。


続けて別な記事も書こうと思ったのですが、月曜はとにゃりん教の安息日につき、体も安息モード眠気モードzzzzz...。
ここのところのエントリに続き、またこんなおちゃらけ記事になってしまいました^^;;。

by tnysatcmo | 2008-06-16 21:49 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/8141767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hisako-baaba at 2008-06-17 14:23
料理屋さんが蛍を飛ばすのですか、風流ですね。

↓裏門通りの塀の上でお食事中の猫さんから、睨まれましたね。「じゃましないでよ!」って。耳が警戒しているし目が脅しているけど、食べたいのが先・・・面白い写真でした。
Commented by karudamon3 at 2008-06-18 00:30
麦とろ~うまうま~~♪
我が家のとろろはお醤油ベースなんですが、静岡のほうではお味噌ベース。。。カルチャーショックでした(v_v。)
虫さんは苦手だけどホタルの光は幻想的で好きです(^v^)
Commented by bayabayatto at 2008-06-18 10:41
こんにちは~
とにゃりん、せめて中トロで勘弁してけろ~。
ほたる鑑賞会、素敵な催しだばって、お値段もまた素敵…!!
去年はほたる見らいねがったなあ、今年はどんだべな。
Commented by tnysatcmo at 2008-06-18 12:41
♪hisako-baabaさん
こんにちは〜。
「時計」の余談です^^。
携帯、姉から譲り受けたものを一応持っていますが、あまり使わないので、時刻を確認する時には、駅や街中の時計を頼りにしています。
腕時計はシゴトの時も楽器を吹く時も邪魔なので、しないんですよ〜。

この割烹旅館は季節ごとの行事など大切にしている様です。
↓塀の上の猫さん、食事中でなければきっとぴゅ〜〜っと逃げられてしまったと思います。
考えてみれば、猫さんじゃなくても食事中に邪魔されるのは嫌でしょうね。
邪魔しないからシャシン撮らせてね、とお願いして撮りました(笑)。
Commented by tnysatcmo at 2008-06-18 12:46
♪karudamonさん
こんにちは〜。
うちもふだんはお醤油ベースですが、今日は時間があって、、、という時には、
まずお味噌汁を具なしで作って
すり鉢で山芋/長芋を擦りながらお味噌汁を少しずつ流し入れる
という行程でつくりますよ〜。
ほたる、自然の中でなくてもいいから見てみたいなあ。
Commented by tnysatcmo at 2008-06-18 12:48
♪ばやっと師匠
こんにちは〜。
中トロでちか〜〜。ケチらないで欲しいでち!
お、ほたる鑑賞会、ほんとだ、お値段が!!
たぶん豪勢なお食事つきだから余裕がある人にとってはお安いかも。。。
ほたる、青森だとどのへんで見られるんだべ。
Commented by 猫爺ミアーゴ at 2008-06-18 13:15 x
「麦とろ」と聞いては一言しゃべらなくては。
ビジネスマン現役時代のオイシイお話。
茨城にある「袋田の滝」近くの滝見茶屋の『麦とろ御前』。
・8割麦めしに地元産山芋のとろろかけご飯
・地元産こんにゃくの刺身
・那珂川の天然鮎の塩焼き
・地酒「家久長(かくちょう)」
四半世紀も前なのに、こんなにヘルシーで旨いものがあったのだ。
そう言えば、汁物は何だったか記憶に無い。
地酒を汁物代わりにしていたのか、当時は呑み助だったからなぁ~。
Commented by tnysatcmo at 2008-06-19 12:05
♪猫爺
こんにちは〜。
8割麦めしってすごそうですね。
茨城は、食も含めて何だか知られざる楽しそうなところがありそうです。
お酒引退した猫爺の替りにおいしい地酒をぐいぐいいきたいところですが
とにゃままも日本酒はあまりイケル口ではないからなあ。


<< ゴールドベルク・レクチャー      ある日の裏門通り その2 >>