2007年 04月 05日

4月5日の桜、第二話

おぼつかな 春は心の花にのみ
   いづれの年か 浮かれ染めけむ (西行法師)
e0112077_23402149.jpg

思い出せないにゃ、いつからかちら?
春といえば、桜の花のことばっかしに心がいってしまう様になったのは?

本日は、西縁をずっと北上してみようと、出発。
e0112077_2345749.jpg

違う道をちょっと、と思ったら迷ってしまい、
いったん市民病院ぐらいまで行ったのに、結局氷川女体神社。
e0112077_152258.jpg

まだ結構元気。
ところが、用水路をのぞいてみると
e0112077_162833.jpg

花びらで真っ白でした〜。
e0112077_164317.jpg

e0112077_17124.jpg

e0112077_17245.jpg


前日のあまりに激しい天候に落花した様です。
でも、まだ寿命じゃないの、と言っております。
今回は散り行く桜がテーマでしたが、路線変更。
e0112077_114495.jpg

つづく。

by tnysatcmo | 2007-04-05 23:40 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/5460058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< とにゃりんそっくりさん      ばやっと師匠への資料提出 >>