2012年 11月 30日

勤労感謝の日のお散歩〜東北銘菓フェス

またまた久しぶりのとにゃりんでち!
e0112077_8445612.jpg

太陽が出ているうちにぬくぬくした方がいいでちよ!









という訳でやっと「青森・岩手・宮城・福島 東北銘菓フェス 2012冬」の会場へ到着。
e0112077_8454772.jpg

春の時は、迷って到着できずにいたところに売り切れとのtwitter情報が、、、><。
あの後都内お散歩熱に拍車がかかり、
方向音痴の権化であるとにゃままも、おかげさまで、
谷中千駄木あたり
高円寺あたり
表参道〜外苑あたり
の道筋はちょっとはわかる様になりました♪















ところどころに主催者であるイラストレーターの小関祥子さんのかわいらしいイラストが♪
e0112077_8453559.jpg















雨がちで人出は若干少なめだったものの、やはり春に引き続き、人気。
しばし席が空くまで待合所にて過ごしました。
前回の様子の写真のファイルや、お菓子の解説など眺めているうちに順番がまわってきました。

数ある銘菓の中から5つ選んで
お茶は2杯いただくことができます。
e0112077_845389.jpg

かわいいお茶のチケット。
2杯目チケットの取手には猫さんが隠れています。見えますか?

にゃんとやぶさいそうすけの吉川さんがお茶のオーダー係のひとりとしてお手伝いしてらっしゃいました♪
彼女の笑顔にはいつもいやされます〜。










とにゃままのセレクト。
e0112077_8451873.jpg


手前のピンクは、
●青森県代表おきな屋の「薄紅」
以下時計回りに
●これまた青森の
萬榮堂の「鶴子まんじゅう」
中学の担任の先生は糖尿病で時折お休みすることがあったのですが、
その時替わりにホームルームなど担当してくださる学年主任の先生が
「佐藤先生は鶴子まんじゅうの食べ過ぎでお休みです」って必ず言っていました。
ユーモアのある学年主任の先生でしたが、
スピノザの格言なんかもさりげなく教えてくださったステキな先生でした。
懐かしいなあ。
その頃はあまり食べたことがなくて、ちゃんと頂くのは今回が初めてかも。
●福島県郡山市代表、柏屋の「檸檬(れも)」
●岩手県大船渡市代表、壷屋田耕の「はな椿」
これは椿のイラストが美しくてジャケ買いした人が多かった様です。
●真ん中にあるのが
ラグノオささきの茶屋の餅
♪ちゃやのぉも〜ち〜♪
CMの最後のこの一節が忘れられません。


その他のラインナップは
こちらにて。
あらためて眺めると、このミリキ的な品々から5品しか選べないのはなんとも悩ましい。

『とにゃくろ玉造くん、どれから食べる〜〜?』
e0112077_8452411.jpg

お菓子といえば女子、やっぱりカノジョの方が目がらんらんとしています^^。


とにゃくろ玉造くんみたいに誰かをお誘いすればよかったなあ、と
ひとりで行ったのが悔やまれたのですが、
お隣に座った方が話しかけてくださいました。
やぶさいさんにもよくいらっしゃる方で、そして、なんと
八戸と取引のある会社にお勤めなんだとか!
そして、ニ眼カメラユーザー、かっこいいです!



そして、少し後からいらした、これまたおひとり様のイケメンさん。
千駄木の古道具 ネグラさんとこのネグオさん。
ワタシのお隣に座った方とお知り合い。
という訳でもっぱらこのおふたりといろいろお話させて頂いて
ひとりで参加だったのに、とっても楽しくおいしい時間を過ごせたのでした♪
ありがとうございました。
e0112077_8453061.jpg

あ、でも後日談ありです^^/。






雨もさほどひどくなく寒さもたいしたことがなくてよかったです。
e0112077_8454098.jpg





さて、この会場を後にして、さらにおでかけ。


つづく、、、、のか!?

by tnysatcmo | 2012-11-30 08:46 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/19289100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 時代空間ねこじゃらし〜千駄木空...      勤労感謝の日のお散歩〜上野界隈 >>