とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 02日

恐怖のば・ミュ〜〜〜だ茶トライアングル進化型

恐怖のば・ミュ〜〜〜だ茶トライアングル
あれから5ヶ月近く。
その3ヶ月後など
茶トリオ
として活動したりもしておりましたが、
メンバーも三々五々となったかに思えた今日この頃。







恐怖のば・ミュ〜〜〜だ茶トライアングル
或いは
茶トリオ
復活!?
e0112077_12431538.jpg

とっちらかったシャシンですみません。
元気なんだもん、このヒトたち。












!?
e0112077_12435771.jpg

フォーリーブス!?
↑古い、古すぎる!











!!??
e0112077_12455769.jpg

フィンガー・ファイブ!?
↑フォーリーブスよりは新しいけれど
それでも、思いっきり古くて、誰もわからない。


そ、それはさておき。
真ん中のちょっこりしてるのが、チビ。
他はおそらく兄弟姉妹か夫婦です。
むーー。
どうなってんの。
毎朝このヒトたちが集合したらもう大変。
どんだけ増えるのやら。



とにゃりん地方の茶トラ化は止まらない。
誰か〜、助けて〜〜><。

by tnysatcmo | 2012-10-02 12:48 | にゃんこ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/18968241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nmariomama at 2012-10-02 16:36
こんにちは~^^
ふふふ、全部わかっちゃったワタシはどんだけ古いんだ、
ってショックを受けております(⌒-⌒; )
し、、、しかし、皆見事な茶トラで^^/
茶トラで埋まるとにゃりん地方、、、楽しそう~
又のご報告お待ちしております、
更に進化していることを期待して。。。。ヾ(=^▽^=)ノ
Commented by tnysatcmo at 2012-10-03 12:27
♪にゃんままさん
こんにちは〜。
ふふふ、飛んでイスタンブール(←これも古い^^;)ならぬ飛んでラバトでキャッチしてくれてありがとでち!

とにゃりんがいた頃もちらほらいたと思うんですが、最近は2倍3倍と増え続けている上に露出度が高いです。
どう考えてもとにゃりんが「茶トラ忘るるべからず。とにゃりん見参!」と言っている様にしか思えません^^。
にゃんまま地方では白黒さんが増幅している様ですねえ^^/。
Commented by ニャンタのおば at 2012-10-03 17:40 x
うわ!
か、かわいいけど、たのしそうだけど、......だいじょうぶなんでしょうか。
あんまり増えると、ご近所から反発する人が出て、
茶トラーずが不幸になるような展開にならないかと、
いささか不安になってまいりました。

町や人々の雰囲気がわからないので、
これが余計な心配ですめば、それでよいのですけれども。

きみたち、うまく立ち回っておくれよ!
Commented by 三毛猫 at 2012-10-04 00:47 x
本当に茶トラがあの泉からわいているのでしょうか…
アメリカのテキサスで10キロの巨猫が保護されたってニュースがありましたが
その子も見事な赤茶トラでした。洋の東西を問わず茶トラは巨大化しやすい
みたいですね。
Commented by tnysatcmo at 2012-10-04 12:28
♪ニャンタのおばさま
こんにちは〜。
この方たちのいる一角は、ディープな地帯で、
お住まいの方々もフシギな方々が多くて、
この周辺に限ってはとりあえず問題はなさそうですが、
茶とらーず、フィンガー・ファイブぐらいならまだしもそれこそAKBになってしまったら。。。
まずいですよ〜。
なんとなくゴハンをあげている中華屋のおじさん、
ゴハンをあげるの止まりなんですよねー。
とりあえず人見知りしない瞳きらきら一族を病院に連れていきたいところですが、さて。
Commented by tnysatcmo at 2012-10-04 12:31
♪三毛猫さん
こんにちは〜。
演奏会間近なのに、
いまひとつの出来な上にチケットが1枚しか売れていないとにゃままです。。。
それはさておき^^;。

この茶トラーずはスリムな方が多いです。
男子も女子も。
「猫の額」というお店の方とたまたまそんな話をしたら
純粋和猫じゃなくてきっと洋猫の血が混じってるからかも、
ってことでした。
でも、アメリカはテキサスの茶トラは巨大なのか。。。
うーむ、やはりいろいろ研究観察考察の余地ありですね。


<< 秋のオオサカ旅(枚方      9月の終わりの富士山と浜名湖 >>