とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 11日

古書ほうろうさんのおみせばん

ブッレブレズンズン。
e0112077_64159.jpg

とにゃりんでち!
今週は、ブレブレ特集でちって。
も〜、とにゃままいいかげんなんだから〜〜!

2009.12.31のとにゃりん





ときどき伺う古書ほうろうさんで
佐藤純子さんナンダロウアヤシゲさんがおみせばんをするということで。
ミーハーでひやかし好きのとにゃままは、
7月10日の火曜日に、シゴトの後ちょこっと行ってみました。
たいていのところは1時間程度で行けるとはいえ、
電車一本で行けちゃう西日暮里は、やっぱり楽〜〜〜〜〜〜。

ザンネンながら
月刊「佐藤純子」は売り切れでしたが、
佐藤純子さんとナンダロウアヤシゲさんのコラボカルタハガキを3枚セレクトゲット♪
e0112077_7521651.jpg


辻恵子さんもいらっしゃっていてレジのあたりにちょこんと。
そして、青木隼人さんのステキなギターのBGMつき。
、、などと優雅な空間でしたが、帰宅してやること満載だったので、
滞在時間は20〜30分ほど。。。




ちなみに、上のコラボハガキシャシンのバックにしいてあるプリントですが、、、
「号外月刊佐藤純子」
16日ぐらいまで、セブンイレブンのコピー機を使って
「号外月刊佐藤純子」が購入できます。
20円です。
プリント予約番号は70356476







猫満載地帯なので、とある場所でこんな親分に遭遇。
イカミミで上目づかいになってます。
e0112077_541292.jpg







、、、が、ヒト慣れしてというかおちょくってというか、
とにかく落ち着いてます。
e0112077_5414431.jpg









ふ。
e0112077_541384.jpg









おれに惚れるとヤケドするぜ。
e0112077_5412215.jpg









とかいいつつ。
e0112077_5421532.jpg

結構らぶりーな小さめボディ。








じゃあ、また来いな。
e0112077_5422510.jpg

は〜〜い。
は〜〜い。
また伺います〜〜。
実は女子かもしれない薄ぶちのお方でした。


その他にもわらわらわらと遭遇。
その際のブレブレシャシンはまたの機会に。




今日は、震災から1年と4ヶ月目。
偶然にも、仙台のかた、佐藤純子さんの記事でちょうどよかったでした。

ついでに。
近況報告。
うちのお墓の石がみつかったそうです。
そんな訳で今年のお盆は、一応お墓参りができそうです。
でもワタクシ、家があったところ周辺へ足を踏み入れるのは初めてでして。
なんというか。
や、がんばります!

by tnysatcmo | 2012-07-11 05:48 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/18350732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bergamia_fl at 2012-07-11 22:47
イカミミの子、不安そうな目をしているね。。
ちゃんとおウチ猫だったら愛らしくなるのにね。
どなたかの目にとまって幸せになってほしいな、と思いまふ。

お墓の石・・・見つかったってことは「○○家」って刻んであるから分かったんでしょうね。
よかったですね~。
Commented by ニャンタのおば at 2012-07-12 18:40 x
あいかわらず好奇心全開で、あちこち出没中ですね。
おかげでこちらはいながらにして、知らない世界をたのしんでおります。

おうちのあったあたり......
いつぞや拝見した、お母さまの鏡台と幼いとにゃままさんの写真が胸に残っています。
心は思わぬ方向に波立つものだから、辛い局面もあるかと思いますが、
どうか、少しでもいいふうに心を落ち着けられるような旅になりますように。
Commented by tnysatcmo at 2012-07-13 12:56
♪ゼラちゃん
こんにちは〜。
ここらへんのコたちは地域で飼っている様なものだと思いますが、
耳先カットされてないし、やたら汚れてるし、、、なお方でした。
オヤブンかと思いましたが、女子かもしれませんね。

お墓の石、ありふれている上に、この地方にこれまたやたらといる名字なので
たぶん、裏書きというか、うちの母の名前が目印になったのかもしれません。
流されなかったのがフシギです。。。
Commented by tnysatcmo at 2012-07-19 12:35
♪ニャンタのおばさま
こんにちは〜〜。
『!』と思うと後先考えず、バタバタっと、つい^^;;。
家の中でもそのぐらいの機動力があれば少しは片付くものを、、、><。
ちったあニャンタのおばさまの楽しみになっているとしたら
この糸の切れた、、、状態も良しとすることにしましょう。

生まれて育ったのは、父の仕事の都合で八戸でした。
あの鏡台のある家は八戸の借家でした。
そして、鏡台は今はワタシの手許にあるのです。
仙台のお家は、父が定年になってから建てたもので、
ワタクシ住んだ事がなくて、、、。
なので、今回一番つらいのは父なのです。
むー。
いろいろ心を痛めてくださってありがとうございます。


<< CityLightsさんへ♪      吉田秀和さんのお別れ会 サント... >>