とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 10日

数奇な猫生棺を蓋いて定まらず

平太ぼん、もうこっちに来ちゃったんでちね!
e0112077_11234468.jpg

2010.5.1のとにゃりん

3月9日、さんきゅーの日。
国民的ぶちゃいどる、平太さんが旅立ちました。
ここのところの雨と相俟って、地上はみんなの涙で水浸し。








早過ぎまちよっ!

e0112077_1125636.jpg

先に旅立った娘の卯乃ちゃん、平子ちゃんのことが急に気になってきたのかもしれないね。
みんなやはり今一度持ち直して元気にれんげ畑を走り回る姿を見たかったと願っていました。
でも3月のカレンダーの平太ぼんは気になる穴をじいいっとみつめたまま。
見上げてくれなかった。
こちらへは戻ってくれなんだ。
とってもおもしろい素敵な写真なのに、ついそう思ってしまう。








『平太展2010』の原寸!?平太ぼん。

e0112077_11325475.jpg

モデル/もずく母さん

カピバラだのフレンチブルキャットだのと称された平太ぼん。







数奇な猫生棺を蓋いて定まらず。
e0112077_10561212.jpg

ゼラちゃんがくださった切り抜き。とにゃままの下手なフルートにびっくりしているとにゃりんの図(笑
杜甫の「人事は棺を蓋うて定まる」をもじったらしいタイトル。
さらに秘かに「人」を「猫」に変えて^^。
本来の意味は詳しくは知りませんが、
ノラ出身の猫さんたちは、まさに、棺を蓋いてもその猫生については謎の部分、多数。
それでも天文学的確率で出会って一緒に過ごして。
コトバは通じなくてもなんとなくお互いわかりあえる様なこともあったりして。

平太ぼんとばんさんは出会うべくして出会ったんですね。
そして愛にあふれたばんさんマジックの写真で全国的ぶちゃいどるとして知られることに。
そして、写真集も!
まさに数奇な猫生!




では、最後に
平太似のこの方から。
e0112077_1113585.jpg

「平太ぼん、いってらっしゃい。またにゃ!」






さて、平太ぼんは、
「さんきゅーな」と
かっぱがえる的にひょいと三途の川を渡るのでしょうか(爆。



とにゃりん、あとはみんなと協力してタノム!



ばんさん、ご報告もきちんとされて気丈にしていらっしゃいますが、
看病疲れもたまっていますでしょうし、
虎太郎ちゃんの急死から間もなかったので
心労もいかばかりか。。。
哀悼の意を表しつつ、そっとしてあげるのが今できることでしょうか。
もしなにか、、、と思うなら
自分の飼い猫さんや目下手助けを必要としている猫さんたちに是非愛情を、愛の手を。
それは、捨て猫だった平太ぼんの供養につながるかもという事です。

平太ぼん、ばんさん、ありがとう。
またね、平太ぼん!





なんだか追悼のコメントがうまく書けず、ブログにひとりごととしてとりあえず綴らせて頂きました。

by tnysatcmo | 2012-03-10 10:02 | ありがとう | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/17494548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chatorans52 at 2012-03-12 05:45
ここ数年逸材!?が次々逝ってしまいますねぇ〜
でも皆「お役目」を無事に果たし 時満ちて 旅立ってしまったように思えます。
みんなみんなありがとうですね!
合掌
Commented by tnysatcmo at 2012-03-18 05:55
♪chatoransさん
こんにちは〜。
そうですね、金太郎くんといい。。。
悲しいけれど、みんな一緒の時を過ごさせてくれて、
本当に感謝です。
時代が少しずれたら出会えなかったはずなのに、
こうして出会えたんですものね。
本当に、感謝、感謝です。


<< 3月も折り返し      お雛さま >>