とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 22日

ダニエラ・コッホ フルートリサイタル

シリアスとにゃりんでち!
e0112077_411532.jpg

今年はお目目ぱっちりとにゃりんをなるべく、というのが目標です。
が、傾向としてはこんなんばっかしだにゃ〜><。













先の第7回神戸国際フルートコンクールで見事優勝したダニエラ・コッホ嬢のコンサートへ行ってきました。
19歳。
チロル出身。
e0112077_421310.jpg

1月9日土曜日。
パウエル・フルート・ジャパン アーティスト サロンにて。
18:00からだったのになぜか18:30と勘違い。
こんなシャシンを撮っている場合でなかったでした。





例によって関連シャシンはありませんので、
無関係なお散歩にゃんこシャシンとともに。








             
             リ
             ムキ

e0112077_424583.jpg

プログラム。
J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調BWV1030
(↑遅刻につきこの曲は聴けませんでした><)
武満徹:ヴォイス
F.クーラウ:ディヴェルティスマン
Ph.ゴーベール:フルート・ソナタ 第3番
H.デュティユー:ソナチネ
P.タファネル:「魔弾の射手」の主題による幻想曲

ピアノは、大ベテランフルートとの共演は任せて!の石橋衣里さん^^。







             
             ッ
             ポ
             ポテ
             シ
             タ
             チロ
             リ

e0112077_49990.jpg

いや〜さすがお上手です!
音楽が大きいし、なめらかで無駄のない動き。








             
             エ
             ノ

e0112077_4112457.jpg

でも意外と印象に残った曲はなかったでした。
似た様な曲だった?
個人的にデュティーユ、大好きなので興味深く聞きました。
これは、ピアノとの合わせが大変〜〜。
発表会で演ったというSちゃん、尊敬〜〜。
ワタシなんてもう3年ぐらいさらってますが指もまわってないです^^;。







             
             ト

e0112077_4115287.jpg

             
             マッタニャ


アンコールは「モーツァルトの国からきたので」ということで、モーツァルトなどなど。



あまりにも師匠の演奏に傾倒しすぎているせいか、ちょっとやそっとのフルートには感銘を受けない体質になってるんでしょうかワタシ><。
もう少し柔軟にそして真摯に音楽に接しなければ。
いやはや。

by tnysatcmo | 2010-01-22 04:01 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/12007478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanon at 2010-01-23 11:04 x
とにゃままさん、バッハを聴けなかったのですね〜f^-^;
バッハの感想を伺いたかった〜。

お師匠様の演奏に傾倒しているのは悪いことではないと思います〜。私も、マイ師匠の自由でいつも喜び一杯の演奏が好きです。
うまいかどうか、ということではなく「合う」かどうかはそれぞれなんだろうにゃ〜と思いますです。
Commented by tnysatcmo at 2010-01-23 15:02
♪kanonさん
こんにちは〜。
そうなんですよ〜、ちこく。
なんかやっぱり正月ボケだったんでしょうか〜><。
バッハ、まあピアノ伴奏でしたし、お若い方なのできっとはつらつとした演奏だったのではないでしょうか^^。
そして、フォローありがとうございます(笑)。
師匠だったらきっとここは、、、と思いながら聞いてしまうこともしばしばで、自分でもびっくりしてしまいます。
そうですね、何についても合う合わないとか好みというものがありますよね。
いずれにしてもよい音楽はよいものとしてすぅと吸収したいです。


<< ツキイチ おえかき部 第9回部...      清方ノスタルジア >>