2010年 01月 11日

トッパンホール アンサンブル Vol.7

とにゃまま、もう1月が3分の1過ぎてしまいまちたよ!
e0112077_3535816.jpg

はあぁ、本当ですね、とにゃりん様。
こうやって今年もどんどん過ぎていくんでしょうか。


今日は、恒例の新星人、いや新成人の式典演奏をしてきました。
無駄に元気で訳もわからず騒ぐヤツも多少はいますが、まあ概ね静かな方です。
演奏に対しても拍手を頂き、ありがとうござんした。
それにつけても、毎年仕方がないこととはいえせっかくの祝日に朝8:30に集合ってのはそろそろキツいです^^;。
来年こそ他のメンバーにお願いしよう。
まあ今回は帰り道にいろいろ用達しができたので良しとしましょう。。。












年が明けても、成人が増えても年度末という事実もあり。
お正月明けは、シゴトがどんどこ押し寄せてあっという間の一週間でした。
そんな大変な時期、シゴトを押しのけてどどどっと駆けつけたのはこの演奏会。

〈トッパンホール ニューイヤーコンサート 2010〉
トッパンホール アンサンブル Vol.7
e0112077_1447583.jpg

川崎洋介(ヴァイオリン)
西野ゆか(ヴァイオリン)
柳瀬省太(ヴィオラ)
古川展生(チェロ)
神田寛明(フルート)
池田昭子(オーボエ)
望月哲也(テノール)
河村尚子(ピアノ)

このメンバーで、モーツァルトとシューマンの様々な室内楽を演奏する、という趣向。
なかなか贅沢です。
定時ダッシュは叶わずそれでも間に合う電車に乗ったものの途中で止まったり><。
と、とにかく師匠のフルートカルテットがトップバッターだったので駅に着いてから走りに走る。
これがまた徒歩10分以上かかるところなので、ひーひー、大汗。体に悪い。

プログラム。
♪モーツァルト:フルート四重奏曲第1番 二長調 K285
 師匠、川崎さん、柳瀬さん、古川さん
♪モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調 K563
 川崎さん、柳瀬さん、古川さん

休憩

♪シューマン:愛の使い Op.36-6
 シューマン:告白 Op.74-7
 望月さん、河村さん
♪シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調 Op.70
 池田さん、河村さん
♪シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44
 川崎さん、西野さん、柳瀬さん、古川さん、河村さん











演奏会とは全く無関係のシャシンとともに。
なんかもやっと白いものが??
e0112077_3541276.jpg

トッパンホール、
響きもまあ良いし広すぎない大きさなのはいいのですが、
座席はただ並べているだけなので、チビのワタシは男性の後ろになるとほとんど見えません。
でも仕方ないですね^^;。













茶色いとんがりと黒い点がふたつ!?
e0112077_3542650.jpg

さて、師匠のモーツァルト。
弦のメンバーも素晴らしい方々だったので、とてもよかったです。
モーツァルトのカルテットというとやはり1番ですが、
「1番以外ももっと演りたいんですけどねー」と以前おっしゃっていたっけ。
ワタシも聞きたいですよ〜。
フレーズのとり方が大きくて歌があって。
師匠の真似をしようとすると、ただの棒吹きになるし、歌おうと思うとでこぼこになるし。
そのへんのさじ加減は永遠の課題だにゃ〜〜><。














ご近所ネコさんが枯葉のふとんでおくつろぎ中でした^^。
e0112077_3543783.jpg

モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調 K563
全6曲。
聴衆のみなさん、うまい具合に居眠りしてらしたので、この時はステージの動きがわかってよかったです^^;。
古川さんのチェロは柔らかく幅広く包み込む様な感じ。
柳瀬さんのヴィオラははっきりしていてややヴァイオリンぽい感じ。
何と言っても、川崎さん、お名前ぐらいしか存じ上げなかったのですが、ステキなヴァイオリンでした。
個人的な趣味ですが、音色も輝きがある上に渋みもあって、
音楽も自然でした。これ重要!
なんかやたら歌い上げたりするタイプの方もいらっしゃいますが、流れがあって自然でした。
柳瀬さん、古川さんとの相性も良かった様に思います。







ちょっ早で逃げられるかと思いきや、少しおつきあい頂けました^^。
e0112077_3544959.jpg

休憩後は、シューマン。
シューマンのピアノ五重曲はピアノコンチェルトみたいでした。
1楽章以外は比較的穏やかなイメージでしたが、終始前向きな感じ。
ワタシの席が下手側で弦よりもピアノが聞こえる位置だったせいもあるかもしれません。
いずれにしても思っていたより激しい曲でした。
古川さんの音が前半より前に出て聞こえたので、意外とこのホールはセッティングの位置によって変わる要素があるのかも。







ちょっとぼやっとしたお坊ちゃんです。邪魔してごめんね。
e0112077_355076.jpg

演奏後ステージからはける時。
それぞれの方のキャラクターが出ていてなかなか興味深かった。
望月さんは歌い終わった余韻のまま大股でどんどんと退出。
師匠はいつも共演者をねぎらいつつ、お先にどうぞ、と促す。
池田さんはさささっと優雅に。2回目のカーテンコールではやはり共演者をたてて。
河村嬢の笑顔は絶品で。

最後にみなさん総出でステージへ。
この時間までみなさん控えていたんでしょうか。
と後でよくチラシなど見たら、トッパンホールの会員の方との交流会が催されるんですね。
なかなかハードな本番ですにゃ^^;。

終演は21:30。長丁場でした。
凸版印刷も業務はまだまだ続いているみたいで、バイク便が行き交うエントランスでした^^;。

by tnysatcmo | 2010-01-11 18:51 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/11934308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by coocoo at 2010-01-12 13:27 x
やーん、とにゃりんのお言葉にわたしもびっくり。そう、もう
3分の1過ぎてしまいまちたよ、やーん。
枯葉のお布団、ふかふかかさかさ、いいにおい。
「茶色いとんがりと黒い点がふたつ」の写真がちょーかわいいっ!
Commented by tnysatcmo at 2010-01-13 12:20
♪coocooさん
こんにちは〜。
coocooさんは新年そうそうダウンしちゃったんですから、まだまだゆったり構えてもいいんですよー^^。
ふかふかで時折かさかさと鳴る音もほどよいBGMでくつろいでいたのかにゃー。
自分自身もふかふかほわほわのぽーっとしたにゃんこさんでした^^。


<< 4年目突入でち!      酉の市 >>