とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 02日

Magnum Trio

にゃ〜〜ん、にゃ〜〜ん、にゃにゃあぁあ〜〜〜〜ん
e0112077_2342670.jpg

また鳥居に登っているとにゃりんでち!




にゃ・にゃあ〜〜〜〜(ティンパニ/でんどんでどんでんどでんどんでどんでどんでん)
e0112077_235816.jpg









にゃ〜〜ん、にゃ〜〜ん、にゃあぁあ〜〜〜〜
e0112077_2351756.jpg










にゃ・にゃあ〜
以下略。「2001年宇宙の旅」でも有名な
リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭を
あてはめてください^^;;;。

e0112077_2352712.jpg










マグナム・トリオのライブへ行ってきました。
8月31日に追加公演がありましたが、ワタシが行ったのは8月7日。
e0112077_2363276.jpg

G大在学中から活動しているトリオで、曲は全てオリジナル!
すげ〜迫力のチラシです。
メンバーは
多久潤一朗氏
神田勇哉氏
梶原一紘氏
そしてこの日のピアノは川崎翔子ちゃん!
彼女はこのテの訳わかんない系(シツレイ^^;)のアンサンブルがすごくうまいです^^。
ポーカーフェイスでこなすところもオモシロい。


ここからは、このコンサートとは全く関係ない、野良〜〜ずのおシャシンとともにお送りいたします。



ちょっと気弱そうなライトくん。
e0112077_2372129.jpg

フルート・トリオと言っても、先だって我々が演った様なのんびり癒しな感じは皆無!!
「もし何かの間違いでフルート癒しの音楽を求めて来た方がいらしたら、今日の雨に紛れて泣きながらお帰りになった方がいいかもしれません」とはメンバー多久くんの弁。






天真爛漫なレフトくん(仮称)。
e0112077_2382233.jpg

パリ留学中の勇哉くんの一時帰国に合わせてのミニ・ツアー。
勇哉くん、何やら美少年と化していて、ジョシコーセイがざわざわしていました。
神田先生の『響演』に出演した時は素朴な青年だったのに^^。
少しやせたのと切れ長アイメイクが効いていたのでしょう^^。
短期間でパリジャンになってしまったんだべか?

このトリオの特徴は、演奏もさることながら、
あっと驚く、というか、え、ここまでやるか、というか、
ま、そんな演出があること!

とにかく^^;。
前半。
前半はもっぱら勇哉くんの曲。梶原くんも1曲。
(1)マグナムワスプ
「熊ん蜂の飛行」のパクリ。
熊ん蜂が非行してWASP=スズメバチになったという曲。
どんな曲だー><。
(fl神、alto梶、fl多久)









ライトくん、いろいろなものに興味はもつタイプ。きょろきょろ。
e0112077_2392662.jpg

(2)Dreams just makes you
この曲の目玉は、
ええと、リコーダーの歌口にフルート本体をジョイントした楽器が2本に
EWI(イーウィ)マシンでの演奏。
EWI(イーウィ)マシンにフルート準拠の運指モードが出たとの事で採用。
リコーダーの歌口+フルート本体=ほとんどリコーダーの音。
歌口の重要性も知る事ができる曲!?
(flrec梶、EWI神、flrec多久、pf川崎)

(3)Outsider
ジャジーでキャッチーで民族的なものが好き!という梶原くんの曲。
(Bassfl多久、Cbfl梶、fl神、pf川崎)

(4)Indefini
フランス語で不規則という意味。
リズム和声メロディが不規則に変わっていく曲。
(Bassfl多久、Alto梶、fl神、pf川崎)

(5)三つの不在〜三人のフルーティストのための
これは勇哉くんがパリで知り合った酒田直樹さんという作曲家に依頼した曲。
マジな現代曲のトリオでした。
(Bassfl多久、Alto梶、fl神)








ばっちりカメラ目線、レフトくん。
e0112077_240129.jpg

後半はハチャメチャ多久ワールド炸裂!
彼は作曲の仕事もしているので、まあ、いろんなアイディアが。
しかもこの3人で演るってことで、
ええと、
制限がないというか
際限がないというか
節操がないというか(笑)。

それに加えて曲にあわせて衣裳替え^^。
楽しいです。











ふたり揃ってレフトライトで〜〜す、ってそのままやんけ〜〜。
e0112077_2404949.jpg

(1)MON JU-Monkey juvenescence-
後半最初は、
にゃ〜ん、にゃ〜ん、にゃああ〜〜ん。
そう、冒頭でとにゃりんも歌ってくれた(?)2001年宇宙の旅の冒頭リヒャルトさんの
「ツァラトゥストラはかくかたりき」をCDにて大音響で。
そしてそれをバックに登場した彼ら。
まさかとは思いましたが、タイトル通り、Monkeyです。
お猿の格好ですよ〜。
どうやって3人分揃えたんですか〜。
「オレ、こんなことするために音大に入ったんじゃないのに」とは多久くん^^。
シチュエーションとしては、お猿が初めてフルート、笛を手にした時。
という感じです。
そのそぼくな様子を川崎嬢がカリンバ(いわゆる嫌指ピアノ)で盛り立てます。
始めは、本体のみを刀みたいに振り回したり!
(かなり気をつかってやっていたとは思いますが、はらはら^^;)
歌口のジョイント部をぽんぽこ叩いたり!
そんなパフォーマンスをしながら、でもちゃんと曲になっていくんですよー。
もっぱら歌口だけで音程をつくって演奏、という形態でした。
↑これすごい大変です。
コワイですねー。
いやー、楽しかったです^^。

 












ややグラビア目線のおふたり。いややっぱりライトくんはきょろきょろ。
e0112077_241256.jpg

(2)WIndow zoo
ええと、衣裳替えの間、ひとり犠牲になって間をもたせるのですが、
この時は梶原くんが。
トークが苦手だというので、PCの伴奏で「アルルの女」のメヌエットを吹き始めるや。
ぴんろりろ〜〜ん。
と、ウインドウズの立ち上げ音が。
「ウィンドウ・ズー」とは、あのウインドウズのことだったんですねー。

多久くん、いわゆる「サンプリング」というやつに凝っていて、
いろんな音をサンプリングしているうちに今回はこれに行き当たったということでしょうか。
(fl3本、pf、PC)











その後、遊び体勢に。お、レフトくん、攻撃にでるか?
e0112077_2421465.jpg

(3)チャイニーズカンフーマスター
この曲の時の衣裳は、もちろん想像通り。
バックにええとなんかたぶんこれ系のアニメのアフレコ入り。
それにあわせて喋るフリをしつつ、アクションもしつつ、吹く、と。
いや〜なんだかな〜。

(4)マグナム・アラブ
これは定番プログラム。
ですが、毎回どっかしらちょっと変えたりしている様です。








と思いきや、ライトくん、パンチ炸裂ぅ〜〜。
e0112077_243262.jpg

いや、もうとにかく楽しかったです。
彼らの演奏を聞いたのは2年ぶりぐらいでしょうか。
また楽しみにしとります。

公式ブログも楽しめます。






余談。
同じ楽器でも、こんな演奏ワタシには無理、だけど心底楽しんだ演奏会。
そして、今回意外に学んだのは、楽器はやはり音楽をするための道具である、という事です。
いや、唐突ですが(笑)。
フルートするアマチュアは、
フルートっていう楽器の見栄えが好き、
音色が好き、
果てはそれを吹いている自分が好き、
「音楽とフルートどっちが好き?」と尋ねると、咄嗟に「フルート!」と答える。
、、、なんていうヒトが他の楽器に比してかなり多いです(爆)。
ワタシもそんな人種の中に紛れていますが、
そんな事を乗り越えて、何を聞かせたいか、
ということを忘れずに演奏せねば、と思いました。
ちょうど次回定期演奏会の曲に高速32音符音階が出てくるのですが、
弦と一緒に「ばびゅ〜〜〜ん」という雰囲気が出ればいいと割り切って
替え指を駆使して雰囲気づくりに徹しようと思います。

by tnysatcmo | 2009-09-02 04:38 | コンサート・ライブ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/10839760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bergamia_fl at 2009-09-03 00:42
多久氏は山の楽器のイベントでサンキョウのキングマFlで「とんでも演奏」。。ワタクシ度肝を抜かれました(^^)/
7月も同じ三響のお亡くなりになった会長の追悼コンサートでも自作自演で呆気にとられました。(半口開けて聴いてました・・・)
それが3人分になったコンサート!スゴっ!!!
追加コンもあったのでブレイクしたんですかな・・♪
あれだけ自在に吹けたら、どんなんだ~と、、思いを馳せるワタクシ^^;

ラブリーなおネコさんたちに囲まれて とにゃままさま浦山C~
今後のレポートが楽しみデス^^

Commented by toki at 2009-09-03 10:59 x
私も実はフルートという楽器が大好きでして・・。小学生の頃にお小遣いをためて買いました。中学生の時にブラスバンド部に所属して、もちろんフルートを希望しました。が、じゃんけんで負けてクラリネット担当になってしまいました。さらに途中でトランペットに変わってどれも中途半端になってしまったのですが、やっぱりフルートはあこがれです。その後習いに行けばいいのに特にいかずに時々磨いてます(笑)。
そんな永遠のあこがれの楽器を自在にこなされるとにゃままさんがうらやましいです。
マグナムトリオ!聞いてみたいです!!
Commented by tnysatcmo at 2009-09-03 12:07
そうなんですよ、彼ら。
しかも演出衣裳つきときたら、もう演奏というよりパフォーマンス・ショーです^^。
「ここまでやるか!これが次世代型フルートトリオ!」
ってまさにコピー通りです。
追加公演も行きたかったのですが、さすがにそこまでやるとタダのおばさんおっかけになると思って自粛。まあ一度聞いてもう少し聞きたいな〜と思うぐらいがいいのでしょうし。
ところで、キングマって、金熊(笑)?^^;;;。
微分音を用いた音楽を演奏することに特化した特殊なシステムって。。。
どういう方がご購入されるのでしょー。

この野良〜ずさんたちはご近所のマンションの方などがかわいがっているみたいです。
オケへ行く道すがらなので、本気だして遊んでいると遅刻しそうになります。。。
Commented by tnysatcmo at 2009-09-03 12:16
♪tokiさん
こんにちは〜。
そうです、やっぱりフルートですよ(笑)。
「楽器持ってますから、フルートで!」と押し切ればよかったのに〜。
ワタシは初めクラだったのですが、兄に「女の子はフルートがいいんじゃない」と言われ翌日「フルートにします」と言ったらチビだったせいもあってオッケーだった、とかそんな感じだったと思います。
いやあお陰で色んな意味で人生変わってしまいましたね〜(遠い目)。
ううん、もったいないフルート。またやってみなはれ、と言いたいです^^。

マグナムトリオ、いつも大阪公演ははずさないので、今度来た時は是非!
クラシック嫌いのお友達を連れていっても絶対大丈夫ですから!!
Commented by coocoo at 2009-09-03 12:30 x
(ティンパニ/でんどんでんどでんどん・・・のところで「くるぞっ」と身構えてました(笑)
最後のとにゃりんの写真、神々しいわっ。
↑のコメントを拝見して、
ああそういえば自分も「トランペットやりたいですっ」と手を挙げて
「トランペット女の子いらんから。おんなじ前向きのラッパやから
トロンボーンにしとき」と誘導されたことを思い出しました。
人生いろいろ、楽器選択もいろいろ。
Commented by bergamia_fl at 2009-09-03 21:39
ゼラニウムです。
《キングマ》じゃなくて《キグマ》でした。。。
http://www.sankyoflute.com/j/catalog/kingma.html
《Kingma》をそのまま読んでました(^_^;)

>どういう方がご購入されるのでしょー。
ほんとほんと、山の楽器のデモ演奏・・・その後買った人いるのかしらねぇ。。。


Commented by tnysatcmo at 2009-09-04 12:24
♪coocooさん
こんにちは〜。
むふ、期待に応えてしまいましたワ♪
とにゃりん、エラソー系のシャシンが得意です^^。
トランペットはやっぱり男子の花形だっちゅうことだったんですかねー。
プロアマ問わず最近は女子トランペット吹きが増えているはずなのに
プロオケで女子トランペットが少ないのは、未だにそういう譲れない領域だったりして!!
Commented by tnysatcmo at 2009-09-04 12:27
♪ゼラちゃん
こんちは。
わざわざども。
金熊でもキグマでも、単に読み方の違いですねきっと。
この際ゴールドベアーシステムとかいう商品名にしてほしかった^^。。。


<< 周辺ねこ事情      夏のお花のつぼみ >>