とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 28日

ひとめ惚れ♪

。。。
e0112077_340589.jpg

とにゃりんでち!








最近、とにゃままはほんとにとにゃりんの事を大事に思ってるのかちら、と不安でち!
e0112077_341839.jpg









一周年です。
e0112077_3335125.jpg

とにゃりんの誕生日はわからないのですが(汗)、
この楽器は一周年を迎えました。

本体はグラナディラ。
グラナディラ材はアフリカに生息する、堅くて密度の高い高級素材だそうです。
買ったばかりの頃、師匠の楽器と較べたら、こちらの方が少し赤茶色がかっていました。
吹きこなすのに難儀して、一時期「フルートってどうやって吹くんだっけ」状態に陥りそうになりましたが、それでも吹きつづけると、楽器に鍛えられるものです。
で、鍛えられた今は、なくてはならない存在です♪。
一緒のオケの同僚には
「こう言っちゃあもともこもないけど、はっきり言って前の楽器の方がよかった」と言われておりますが、前の楽器をメインに戻すつもりはありません><。
音楽監督は、そこそこ評価してくださってるので、それを心の支えにさらに精進しますにゃ。






そして、今年の5月1日に、この方が仲間入り♪
e0112077_334173.jpg

(撮影協力:くましゃん)
上記楽器の半分以下のサイズのピッコロです。
ピッコロは特殊楽器で、オケでは使ったり使わなかったり。
そんな訳で、使う時には即座にいい音が出ないと厳しいものがあります。
前使っていた楽器はそのへんが悩みのタネでした。
ほんとかどうかはわかりませんが、プロの方でも結構悩んでいらっしゃる様なハナシを聞いたことがあります。

新宿のP社へ行くたび、勧め上手の安達嬢にいろいろピッコロは試奏させて頂いておりました。
ある日も例のごとく。
「中古の楽器が入ったんですよ〜、さあさあ。」と言われ、とりあえず音を出してみたら
あら、不思議、ふ〜〜と吹くだけで癒される様な音が。
「ひゃ〜〜」とか叫びながらその場をぐるぐるぐるぐるしてしまいました。
なかなか簡単にいい音の出るピッコロはあるもんじゃありません。
ひとめぼれ♪
このトシでひとめぼれ、です。
「オケでもお吹きになりますか?お貸しします。」と言われお持ち帰り。
オケの他のメンバーも大絶賛。
、、、という訳でお金もないのに購入。
いいんでしょうか、明日をも知れぬ派遣社員だというのに。。。







この歌口のカットがいい音のヒミツ?
大胆な平面カット。
e0112077_3343147.jpg

どうやっても音が出るのはいいですが、
目下中音域だけやや高め。
いい音程で吹けるところ模索中。








このトシになって、あと何年も吹けるやら知れぬのに、ローンも払えるやらなのに
楽器2本も揃えてどうするんでしょうねーー。
でも買わないで後悔するよりもずっといいと思ったんです。
人生長い様で、意外と短いし。












と、とにゃまま、どうしてくろこちゃん色の楽器ばかり買うの?
どうして茶トラ色の楽器じゃないの?
ほんとはあたちの事そんなに好きじゃないんでちね?
いじいじ。。。
e0112077_347224.jpg

ごめ〜〜ん、とにゃりん、茶トラ色に変えてもらうよ〜〜
ってそんな訳にいかないし><。
真っ黒じゃないところが確かにくろこちゃん色。
でも〜、とにゃりん、誤解だよ〜〜。





とにゃりんにはヒミツですが、balaine氏が所有している茶トラ色のピッコロと同じタイプは
こちら
茶トラ色、あるんですねえ^^。

by tnysatcmo | 2009-05-28 00:39 | 音楽 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/10236821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanon at 2009-05-28 20:16 x
とにゃりんちゃん~大丈夫よ~。
うちのピアノは濃い目だけど茶トラよ~。
balaineのピッコロも濃い目だけど茶トラよ~。

・・・ちなみに私のプラ管のトラベルソは白さんです!



Commented by bergamia_fl at 2009-05-28 23:36
この子ですね、この前控えめに私に告白していたぴっころさんは。
ほんとうに大胆なカットですね。
管径との比からすると、物凄い技術!?ですよね。

さぁオケでの、このpicc.ちゃんデビューでは何を吹くのでしょーか?

ここまでいったら、お次はいよいよとにゃりんの毛並みの黄金・・・
(だよねぇ~♪)
もう、とにゃりんチャマからクレームが来ないしね^^
Commented by balaine at 2009-05-29 03:44 x
あはは、、、「ひとめ惚れ」は青森でねぐっで、宮城の米でね〜が?
ミシェル・デボスト氏でしたか、「女性と楽器には一目惚れしちゃいけない」というような事、言ってました〜。
でもいいんですよ。
私、総銀を6年前に買った時は、10本くらい試奏はしたものの、2時間くらいで決めてしまいました。「直感」を信じて。
次に管体18金を買ったのは4年前。その時は、管体14金と頭部管もそれぞれ4種類計8本も1ヶ月程借りて、いろいろ試して、でも結局一番最初にいいとおもった組み合わせでお買い上げ〜!
ピッコロなんか、「ほしいな〜、、、」位の気持ちで山野に行った時に、予算を言って数本吹かせてもらい、ピッコロのなのに「低音」の魅力にノックアウトされてフィンダのグラナディラを買い、3年前にプラハでフィンダ本人からいろいろ見せられて「茶トラ」のパリサンダーに惚れてしまいました。(続く)
Commented by balaine at 2009-05-29 03:44 x
このピッコロの歌口のカットは、最近のPフルートの10万円代のピッコロにも使われていますね。ピッコロはフルートの丁度半分の長さ。でちょうどオクターブ上。形も似ていますが、全然別の楽器だと思います。トラベルソに近いかも。
よく「フルートとの持ち替えを気にしなくてもよい、フルート感覚のピッコロが欲しい」という人がいますが、気持ちは分かりますけど、そういう感覚で吹いては行けない楽器なのではと思っています。ヨーロッパの楽隊には、ピッコロ専属奏者(フルートが吹けない訳ではないけれど、ピッコロのある時だけ乗り番、チューバなんかと同じでしょう)がいるくらいです。
一目惚れでもいいですから、「すこし愛して、、、なが〜く愛して!」(笑)
Commented by tnysatcmo at 2009-05-29 12:18
♪kanonさん
こんにちは〜。
わ〜〜ん、やっぱち茶トラ色の楽器もあるのに、とにゃままは〜〜(泣)。
それにkanonさんはちゃんと白さん色の楽器も持ってるんでちね〜(泣)。

かくなる上はbalaine氏の茶トラ色の楽器を強奪。。。。^^/。
Commented by tnysatcmo at 2009-05-29 12:29
♪ゼラニウムさん
こんにちは〜。
そうなんですよ〜。
デビューは早速今回の定期です。
ハチャトゥリアンでは、ありがちな登場と
ショーソンでは最後の方にpp満載。
派手な活躍は皆無ですが、ppの表現は今迄の楽器だったらちょっと厳しかったかも。あ、でもピッチが今ひとつ掴めていないので精進せねば(汗。

え、あ、金ですか?
いやいや、金銭的な事はさておいても、チビなので重くて重くて物理的に無理なんですよ〜^^。
Commented by tnysatcmo at 2009-05-29 12:37
♪balaineさん
こんにちは〜。
住んだことはないけど、実家は宮城なのでオッケーなのだ〜。
そうそう、帰省の時に実家に無駄に長居せずに切り上げれば酒田へ行けますねえ。

「女性と楽器には、、、」そうなんですか〜^^。
でもbalaineさんもそうでしょうけれど、直感とか一目惚れといっても、ずっと追い求めていた理想像とかはっきりしているのですから、「衝動的」な訳ではないですよね^^。
Pフルートの10万円代のピッコロも大変吹きやすいですが、やはりちょっと深みが足りないというか。
ワタシも中低音がいい音だったので選んだんですよ〜♪


<< 究極のたぬきしっぽ      話題の新作 >>