とにゃりん。備忘録

tnysatchmo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 05日

はっち〜、はっち〜〜><

今日明日は雨がちみたいでちね。
e0112077_926233.jpg

とにゃりんでち!









先日の土曜日はお天気がよかったので、布団干し♪、と窓を開けたら。
e0112077_9271682.jpg





蜂の巣です><。
窓のサンのところにつくってました。

家には殺虫剤はないし、とりあえず「氷結なんたら」とかいうのを手にして。
でも。
でも。
女王蜂さんだか母蜂さんだかわかりませんが、こんなちっちゃい巣を大事に抱きしめているのでした。
蜂の生態ってのはよくわかりませんが、彼女以外に近くに蜂さんは待機していらっしゃいませんでした。
そして、彼女はあまりブンブン飛び回るタイプの方ではなかったので、
ビニールでゆるっと囲んでガムテで固定させて頂き、布団干し。


観察してると巣を愛おしそうに(そう見えるのです)抱き抱きしたり、巣穴をケアしたり。


でも申し訳ないですが、翌朝彼女が不在のうちに、上記の様にはさみでチョキと切って。

ご近所の公園へ。
e0112077_9534030.jpg

こんなとこに置いたらきっと蟻とかがメチャクチャにするかもな、と思いつつ><。
きれいなペンタゴンです。
サンに固定してあった部分は釘の様な形です。


翌朝見てみたら、ひしゃげてからからになってました。
ごめんよ〜〜。



この世の形あるものは全て消え去る、とはいえ何だかとても罪悪感。
蜂も昆虫も動物も植物も、そして人も、自分ももちろんいなくなるんですよね。
なんだかうまく言えませんが、いろいろ考えてしまった。。。

by tnysatcmo | 2009-05-05 09:53 | おもしろ不思議な事 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tnysatchmo.exblog.jp/tb/10178327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2009-05-06 09:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 藏ゆ at 2009-05-06 16:21 x
心のお優しいとにゃままさん、ちょっと気持ちがチクっとなさったのですね。
でも、でもですよ。ワタシもこのようなときには心を鬼にします。適切な場所を選ぶことができないということは、この蜂さんはまだサバイバル能力が十分でないということですから、このままではいずれ淘汰されてしまうに違いないのです。
幸いとにゃままさんに命だけは助けてもらえたのですもの、これからの学習に期待いたしましょう。
全ての命を等しく守れませんから、たくましく賢くなっていただきましょう。
きっと、ヤバかったなーと言いながら、もっと安全なところにお引越ししてますよー♪
Commented by のの at 2009-05-07 06:12 x
基本的に、蜂はこちらが何もしなければ刺したりしません。
うちにも夏になると物干しに蜂の巣を見かけます。母が取ってしまうようですが、わたしはスルーします。一生そこにいるわけでなし、冬が来るといなくなり、同じ巣を使わないのです。何処か別の所に巣を作るようで、人間は、主のいなくなった巣を取っ払うだけです。
でも、都会ですとそうは行きませんよね。はがした巣は再びどこかにくっ付けることが出来ないでしょうから仕方ありませんよ。
蔵ゆさんの言うように、学習して次回は人の家に作らないようにするかもしれませんね。(^^)
Commented by kanon at 2009-05-07 09:44 x
う〜ん、確かにその気持ち分かるような〜。
秋田生まれなので、子供の頃から「熊が出没!駆除される」的なニュースには敏感です。いつも聞くたびに「だって熊が食べるものがなくて里に降りたのは人間のせいなのに〜」と、とても腹立たしいような悲しいような気持ちでした。作文とか弁論でもよく題材にしたんですよ。でも自分が遭遇してしまったらやっぱり恐いし、自分の家族が危ない目にあったら駆除を望むのかな、と何だかどうしようもない気分でした。
人間と自然の共存は永遠の課題なんだろうにゃ〜。

ハチさんはとにゃままさんに命を助けてもらったので大丈夫!
良い場所でお家を作って暮らす事を願いましょう〜。

Commented by tnysatcmo at 2009-05-07 12:04
♪猫爺
こんにちは〜。
手前の多角形が五角形に見えたので、つい^^;;。
そうか六角形ですね、ほんとだ。
大昔とった杵づか(笑)、さすが理系の猫爺、尊敬です!
Commented by tnysatcmo at 2009-05-07 12:07
♪蔵ゆさん
こんにちは〜。
ふふふ。
普段はゴキブリにおりゃ〜と挑み、今日は小バエを何匹しとめた、とかやっていまして(汗)。
この場だけのほんの一事の気まぐれな感情でして(大汗)。
ヒトに対しても「もたもたするなよ、くそ〜」とかやってまして(滝汗)。
そうですね、きっと蜂さんは「やっべ〜、くそとにゃままめ〜〜」とか悪態つきながら、しっかりと学習してくれた事でしょう^^。
蜂さんのみならず、生きとし生けるもの、学習してより良い生活を送らねばですね。
フォロー、ありがとうです♪
Commented by tnysatcmo at 2009-05-07 12:07
♪ののさん
こんにちは〜。
蜂さんは、こちらがどのぐらい手出しをすると「攻撃にでやがった」とみなすのでしょうか?
ののさんは蜂さんの攻撃対象にならない振る舞いができるんですねっ!
ワタシはきっとアヤシい妙な動きをしてしまうので、ヤバいかもです^^;。
ええっと、蜂さん「猫が出入りする東屋」ぐらいの認識で、ヒトが住んでるって思ってなかったかも^^;。
ちゃんとヒトがいる危ない領域って学習してくれたかな〜。
フォロー、ありがとうです♪

Commented by tnysatcmo at 2009-05-07 12:15
♪kanonさん
こんにちは〜。
kanonさんにとって思わず文字に文章にして訴えたくなるぐらいの永遠のテーマなんですね。
も〜、それに比べて、ワタシはちょっとした一時の感傷の様なものでして(><恥)。
ワタシもとにゃりんも刺されなかったことですし。
巣はダメになったけど、蜂さんも別な快適な場所を探して飛び立ったであろう、ということで。
とりあえず、この場は良しとします^^;。
フォロー、ありがとうです♪


<< ラ・フォル・ジュルネ2009      桜紀行4月7日、火曜日、その4 >>